足首の痛みで考える事

料金について  福岡県福津市若木台5-3-12 TEL:0940-43-0727

足の症状

昨日、「介護・福祉サービス・人材の融合検討チーム」の記事を

読みました。

人材が不足する為の対応だそうです。

問題への対策ですよね。

その問題も ”その問題”を解決するための・・・・

 

例えば、足首が痛いという患者さんの治療・・・

足首の痛みで考える事は・・・・・15853978498_cfdb0f981a_z

まず、

足首の痛みを止めること

そのためには、

足首のどの部分が傷んでいるのかを探る。

原因が、足首をひねったなら、

「ひねる」ことが原因。

でも、そういうことが無く、足首が痛むとき

同じように、や股関節が痛むときには、

その傷んでいる場所の治療・・つまり局所治療だけでは、

難しいかな・・・と考えます。

身体は、繋がっている・・とよく言われます。

ゆえに、

繋がりを考えて、治療をすることが大切だと思います。

繋がりを考えれば、

足首の治療なのに・・・・・首にもブッスリと鍼を置くことは

珍しくないです。

いろいろな問題は、繋がりをもつものだと思っています。

局所治療、局所の対応に視点を向けるもの大切ですが、

同時にその繋がりにも視点を向けることも同じように大切だと思うのです。

 

資格統合:介護福祉士と保育士など一本化…検討チーム設置
毎日新聞 2015年04月14日 18時33分
厚生労働省は14日、人手不足が懸念される福祉の担い手の確保策を探る「介護・福祉サービス・人材の融合検討チーム」を省内に設置した。
生労働省は14日、人手不足が懸念される福祉の担い手の確保策を探る「介護・福祉サービス・人材の融合検討チーム」を省内に設置した。まず「すぐにできること」(塩崎恭久厚労相)を中心に5月中にも方針を集約。その後、中長期的課題として、介護・保育・障害者の施設を一体的に運営することや、介護福祉士と保育士などの資格一本化も検討する。戦後ベビーブームの「団塊の世代」が全員75歳以上となる2025年には、介護職員の数が33万人不足する見通し。厚労省は、40年には地方の過疎化が一層深刻化し、介護施設や児童福祉施設などが分立している現状では、人手不足で存続できない施設も続出するとみている。こうした事態を避けるため、少ない人数で効率的に福祉サービスを提供できるようにする方法を検討する。【中島和哉】

 足の裏の痺れの治療

 

 

 

I
タイトルとURLをコピーしました