背中の「コリ」の痛みで息苦しくなりはじめ、最近では、その息苦しさで眠れないという依頼主。

 

咳がでると肩甲骨が痛い・・その原因は?

「咳」が出るようになって、「首」と「肩甲骨」が痛いです。という依頼主。

最初は、日中に少し左腕がしびれていた程度でした。 整骨院に通いながらうまく付き合っていました。 しかし、2か月前に急に症状が悪化し、今は、ずっと左腕がしびれて、とてもだるい症状があります。

寒暖の激しいこの頃。 朝は、寒くても、昼は暑い。 こういう時期に、「自律神経失調症」になる依頼主、多くいます。

本当に改善したいのですか?? ご紹介ということで、電話があります。

 

ぎっくり腰」のように凝り固まったモノを緩めるときに必要な技術は?

無理矢理はダメ。相手にゆだねる。

患者Aさん
「ぎっくり腰」の治療の時に必要なことはなんですか?

ようやく春になり、新緑の季節、5月ですが、 先週から天候が不順で気温が「寒暖の差」が激しい日が続いています。 この時期に、「腰」の痛みが強くなり困る依頼主がいます。

ある依頼主の病状が、「認知症」だったので、それについて調べてみました。   その中で「前立腺がん」の論文があって、

季節の変わり目で、必ず「ぎっくり腰」になるという依頼主。 その3回目の治療。

「鍼灸治療」は、鍼の使い方によっては、「外科的な治療」のようになります。 これは、マッサージや、整体、カイロの治療を限界を超える治療です。

年齢 70歳前半 女性 50歳より脊柱管狭窄症で主治医のすすめで「手術」をしますが、「足の痛み」と「痺れ」がとれませんでした。

十数年にわたる「双極性障害」の依頼主、「欝(うつ)」と「躁」の状態を繰り返しています。 1年前の今頃は、「欝」の状態が100日続いていました。

体起こすたびに背中が、ピキンってなる症状はないですか? 立ちっぱなしの仕事、座ってパソコンなどのお仕事でも背中が固まってくるとなりやすいです。 原因不明の胃の痛み、胃痙攣なども、胃とその背中の部分が痛みます。 治療方法は、次の通りです。

依頼主 地元プロラグビー選手 ラグビーを長年していて、身体を壊したのをきっかけに、鍼灸治療でメンテナンスを行うようになります。 その時の会話です。

メイクする度、目につく開いた「毛穴」。 下地やファンデーションを工夫しても目立つことが多いのではないでしょうか?

I footnotes