腕の痛み(重たいものを持って腕が上がらなくなった)

■あなたの症状に関連する内容です。治療方法を選ぶ時に役立ちます。クリックしてください。
腕の痛み
首・肩・腕の症状

■予約について

■料金について

■フェイシャル鍼灸について

■アクセスについて


どうしても、重いモノを持たないといけない時ありますよね。
持った後で、肩や腕に痛みが出ることも多くあるでしょう。
酷い時には、腕が上がらなくなることも。
今回は、重いモノを持ち上げて腕が上がらなくなった時の治療のポイントをお伝えします。

 

ポイント4点

1 重傷かどうか?
2 いつまで冷やす?
3 リハビリをどうする?
4 痛みとしびれの後遺症が残ったとき

 

重傷?・・まず、病院

肩の周辺の筋肉や腱が断裂してないか主治医に聞いてください。
必要な検査があるはずです。
最初に整体などに行ってしまうと最初の段階できちんとした診断ができません。
断裂していた場合、手術など必要となる場合があります。

 

冷やす?温める?

冷やすか温めるか?
院に来られる患者さんからもよく聞かれます。
私は、最初に選択すべきは、「温める」と言っています。
 
□温めるが正解の場合
温めてみて、気持ちが良ければ、そのまま温めます。

□温めるが不正解で冷やすが正解の場合
温めてみて、熱感がひどかったり、痛みが増幅した時には、冷やすほうを選択します。

 

■「冷やす」理由は?
これもよく聞かれることです。
「冷やす」理由は、炎症や痛みを抑えるためです。
どのように?
「冷やす」ことで、血流を抑えます。血管を収縮させます。(血流不足)

■修復するためには?
血流が必要です。
血流が必要なので、温めて血管を拡張させます。
 
「冷やす」ことは、炎症や痛みをおさえること、しかし、それは、「修復」ではありません。

 

リハビリをどうする?

 

重たい物を持つときには注意しましょう。

重たいものを持って腕が

上がらなくなった患者さんです。

肩腱板「断裂」ではなさそうですが、

一応、症状が沈静化、

もしくは、痛みが変化しない場合には、

整形外科の受診を勧めています。

整形外科に行き、画像診断を受けることが必要です。

そこで、特に問題がなければ・・・・・どうします?

おそらく、お決まりのパターン・・・

つまり、湿布、リハビリ、鎮痛剤などです。

しかし、それで、痛みや違和感が以後ずっと続く人は

結構います。何故でしょう?

簡単です、どの治療法も原因を改善させることができないから、

治らないのでしょう。

このような痛みがや違和感が1ヶ月以上続く場合は、鍼灸治療を

試して見る価値があります。

さて、治療ですが、

体質改善の治療<当院ではどんな症状に対しても行います。このあと

局所治療を行います。

その場合でも、経絡による遠隔からの治療と疾患部に近い部分の治療をします。

この写真は、遠隔と近い部分をあわせた治療になります。

腕の痛み 肩の痛みの治療

かなりの本数針をおいていますが、針を置くときも

この状態でも、無痛です。<本当に痛ければ、じっとなんかしてられません!>

2回の治療でほとんどの症状が改善されました。

fg

   

◆治療にこだわりすぎると言われる院長の紹介◆

 

「つらい症状」と「鍼の違和感や痛み」を天秤にかけた時に

患者さんの鍼に対する「違和感や痛み」が出ないように、希望に沿うように第一に治療します。

「つらい症状」が取れるなら、「鍼の痛みや違和感」が出ても、鍼数や鍼の深さを深くして一刻も早く、患者さんの症状を取る方を優先します。

一見過激な治療のよう見えると思います。

しかし、一刻も早く、痛みや違和感を取り除くためには避けては通れません。

 

治るなら赤字でも

1回10本程度置く鍼灸治療院があるとします。

私は、1回に100本を置くことも普通にあります。 これは、1回に10本置く治療院の10回分です。

1週間に1回治療したとして、10週間分、2ヶ月半分の治療に相当。 100本でも200本でも、治療料金は、変わりません。

こんな破天荒な治療なので「普通に赤字」になってます。

身体への負担も大きいでしょうね。

治すことに妥協せずに貫いているのは、患者さんに良くなってほしいと強く思っているからです。

  17162965398_e35eb34f13_z  

たかが「肩こり」、されど「肩こり」

例えば、「肩こり」・・・・・・

「肩こり」のひどい患者さんが訪れ治療をしたときに・・・

「こんな治療(長時間で丁寧な)をされたのは、はじめてです。」と言われて 自分は何を治療したのか・・・とあらためて考えました。

「肩こり」の部分を「糖尿病」「癌」「白内障」「脳性麻痺」・・・などどの言葉に入れ替えても

私は、同じように考えてしまいます。それは・・

 

お金儲けするために・・?

「肩こり」なら

コリのある部分だけに鍼を刺しても良いですよね。

まあ、その方がいいでしょう。その方が、患者さんも「あー、「肩こり」の治療だから、肩に刺してるんだ」と納得してもらえます。「肩こり」なんだから、肩だけに集中すればいい。それが、「ダイレクトに商売」につながります。

でも、

もし、「肩こり」を根本的に治療するとしたら、そして、「肩こり」を起こしにくい「身体」に修復するとしたら、「身体」全体を見る必要があります。

加えて、時間も相当かかるし、技術的にも高度になります。

商売人なら、どんな治療でも「その問題の部分だけに集中しろ」と言うでしょう?。

「肩こり」なら「肩こり」に集中!という具合に。

それは、単純に治療することで、患者の回転を上げ、針代を浮かせて、利益を得て儲かるということにつながります。

もちろん、治療内容も患者さんに理解されやすい。お金儲けは、「世の中の常識」ですよね。

でも、「お金儲け」・・得意ではないんですよ。

 

職人としての判断「症状の再発を無くすために」

しかし私なら、基本的に体全体の治療をしたくなります。局所の治療だけでは、再発する可能性が高いからです。

ベストを尽くして、それを積み重ねて、最後に完璧を目指す。そうなると、じっくりとその患者さんの病気に向かい合うしかありません。 しかし、それは、危ない橋を渡ることになります。

なぜ、体全体の治療にこだわるのか?なぜ、危ない橋をわたるのか?

それは、治療者、職人として、「あなたの体には何が必要なのか?」を判断したからです。

あなたの体を「肩こり」を起こしにくい体にしたいから。まだまだ、生活を楽しんで欲しいから。ずっと、ずっと「元気」でいて欲しいから。

おそらく、治療時間と回数は長くかかります。

でも、患者から得る利益の採算や時間的な効率、一人の患者に対する予算には、目をつむること。無視すること。それ相応の治療費をもらおうなどとは考えない。ここが、「1番大切」なこと。

「安く治療してくれ」という要望に応えた訳じゃありません。

安く治療してくれるところは、巷にあふれています。そうでしょう?わざわざ、「小さな鍼灸治療院」に来る必要はありません。

でも、あえて、本院を選んでくれた「気持ち」に対してこそできる「治療」があります。

 

■予約について

■料金について

■フェイシャル鍼灸について

■アクセスについて

  16859686419_7bd82962c3_z  

◆ 院長   平田 祥

北九州市出身

・福岡教育大学卒業 <地学科 天体物理学>

・私立高校講師 物理 生物

・福岡県福津市内 公立中学校 理科講師

・鹿児島県 理科 教員採用試験に合格

・鹿児島県 正規 教員<教育公務員>

生徒指導主任、理科主任、道徳主任などを歴任

教育論文など発表 特選など受賞

退職

現在 鍼灸師

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I footnotes