月経前緊張症(PMS)の患者さん【16歳】の治療 頭痛薬が効かない偏頭痛の症状が改善。

妊娠中の病気は薬を飲めないことが多いので苦労します。f 妊娠中、腰痛や頭痛では、薬を飲めないことが多いので苦労します。g

◆患者さんの訴え(本人談)定期的に(1週間に1~2回程度)思考能力が低下する感じ、目の前に厚い幕があったり、厚い帽子をかぶったような感じ。仕事が一切できなくなる。

更年期障害の中に自立神経失調症があります。この自立神経失調症を改善すことで、更年期障害の症状が改善することが多くあります。f 自立神経失調症が大きく影響して、更年期障害を引き起こす場合もあります。ですから、自立神経失調症を改善することが重要です。g

何ヶ月も、風邪の症状が続き、倦怠感が酷い 何ヶ月も、風邪の症状が続き、倦怠感が酷い患者さんの記録です。 主治医からは、自律神経の問題と言われています。 西洋薬を数ヶ月、同時に、漢方薬も飲んでいますが、一向に改善しません。

副鼻腔炎でのひどい頭痛の治療の例です。 もともと慢性の副鼻腔炎があり、1週間に2,3日(2日に1回)は、ひどい頭痛がありました。バファリンなどの消炎鎮痛薬を飲んでいましたが、2年前くらいから効かなくなり、

本気に治療する治療院なので・・・ 整体、整骨、カイロ、リンパ、鍼灸に行ったけれどどうしても治らない! どうしても治りたい! 本気の治療を受けたい!という方のページです。

肩こりの治療が難しいと感じるとき・・・・。 肩こり ▲補足1)肩こりの治療の症例をご覧ください。肩こりの治療です。    [ + ] 1. ▲戻る 肩こりの治療の症例をご覧ください。肩こり

「コウノトリは、飛んで来るのか?」 < 鍼灸治療で、本当に改善できるのか? 僕は、日本に生まれて、ここで育って 理科の先生になって・・・・。 目に見えるモノと 計れるモノを信じていた。 目に見えるモノと 計れるモノが何か

◆2008年7月29日~9月19日 氏名 匿名 住所 福岡県福津市若木台 在住 性別 女性 年齢 56歳 初診時  去年ぐらいからのぼせがひどく、夜中に着替えが必要なくらい大量の汗が出ますが、

■性別 男性  ■年齢 1歳 ■診断名<主治医より> 脳室周囲白質軟化症 ■資料 脳室周囲白質軟化症 ■本院の他の症例  脳室周囲白質軟化症の治療 患者Sさん       ■症状など 【初診時、お母さんからの病状に関する

■性別 男性 ■年齢 1歳 ■診断名<主治医より> 脳室周囲白質軟化症 ■資料 脳室周囲白質軟化症 ■本院の他の症例 脳室周囲白質軟化症の治療 患者Nさん ■ 映像の記録 このページの下部に1年半年後の様子があります。

I footnotes