脳室周囲白質軟化症の治療 患者Nさん

料金について  福岡県福津市若木台5-3-12 TEL:0940-43-0727

脳室周囲白質軟化症

■性別 男性 

■年齢 1歳

■診断名<主治医より> 脳室周囲白質軟化症


■資料 脳室周囲白質軟化症



■本院の他の症例 
脳室周囲白質軟化症の治療 患者Sさん


     


■症状など

【初診時、お母さんからの病状に関するお手紙】

・・・胎児機能不全のため2ヶ月早く帝王切開により出産

 出生体重1320g 入院期間2ヶ月

出生児、頭蓋内出血の後があると言われた。

退院時、頭部エコーで両側PVL、脳室拡大により

脳質周囲白質軟化症と診断される。

 退院後、
足のけいれん、反り返り

が気になり、医師に相談、

リハビリに行くようにすすめられ、現在週1でPTに通っています。

 でも、通い始めて7ヶ月たちますが、効果がみられません。

 1歳現在、首のすわりが微妙、寝返りはしようとするが出来ず泣く。

両手があまり開かない、腕がペンギンのように後ろに反る。


眠かったり、嬉しかったり、イヤだったりという感情を伝えたいときに

反りが強くなるようです。

 音楽が大好きで、おしゃべりもたくさんします。

 ミルク、ご飯、たくさん食べますが飲み込みが下手です。

 寝るのが苦手で、すぐに泣きます。

 筋緊張による足のつっぱり、反り返りが強く

抱くこと困難になってきています。




少しでも改善して歩けるようにしてあげたいと思っています。











■2回目の治療の様子と結果

【症状の変化】

・前回の治療後、大丈夫でした。

・飲み込み 最近上手で、前は必ずむせていたが、全くむせない。

・両手の開き 最近開いている

・首のすわり △ 前後は良いようだが、左右が不安定。


・足のけいれん 3回<1週間に一度必ずある。>

・反り返り ひどい。

・寝返り ×

・腕の反り ひどい

・足のつっぱり ふつう

・抱くことが困難







■そして、寝返りができるようになった。






I
タイトルとURLをコピーしました