身体がほてるようであれば、東洋医学的には、熱証と言われます。 ざっくり分類します。 ・表面が熱くて身体の芯は、冷えている場合。 ・表面は冷えて、芯が熱い場合

それぞれ鍼灸治療の方法が違って来ます。

東洋医学の特徴として「氣」をコントロールすることに特徴があります。 鍼灸師は「国家資格」です。 その教科書には次のように「氣」について説明されています。

この記事では、「米国の大学病院では大半が鍼灸クリニックを開設」とあります。

原因不明

  お腹が痛くて、病院に行く。整腸剤や胃薬をもらう。それを、繰り返して、お腹が痛くなる度に、整腸剤や胃薬を飲むのことは、治しているのでしょうか?

西洋医学から見れば、鍼灸治療は、魔法のような、ニセ医学の一つでしょう。

治療を積み重ねることがとても大切になると思います。

一つ一つの積み重ねが、東洋医学が試す価値がある・・ということを証明されてくるのかもしれません。

 

治る可能性があるか?

症状が変化すれば可能性がある

 

どんな治療でも、その治療を行った時に、良くなるor悪くなるという変化があれば、その治療方法に可能性があります。 それは、的外れな治療では、その症状は全く変化しないはずだからです。

 

症状が変化する意味は?

原因が、筋肉にある

  当院の鍼治療では、筋肉を徹底的に柔らかくするという特徴があります。 徹底的に柔らかくしたときに、症状が変化すれば、原因が筋肉にあるということになります。 つまり、「前立腺」には、原因が無いということです。

 

慢性前立腺炎で陰部に違和感と痺れのある治療について

慢性前立腺炎の患者さん(北九州市在住) どこに行っても、原因不明と言われどんな治療をしても治らない

2回目治療後 9割改善

 

【患者Aさん】
この方の原因はどこにあったのですか?
 

 

【クリアーボディ鍼灸治療院さん】
お尻(臀部)の筋肉の硬さにあったようです。
 

 

【患者Aさん】
マッサージでは治らないのですか?
 

 

【クリアーボディ鍼灸治療院さん】
お尻の筋肉は10cm以上ありますから、無理です。
 

 

【患者Aさん】
なるほど、だからダメなんですね。
 

非細菌性慢性前立腺炎(ひさいきんせいまんせいぜんりつせんえん)は、治療に抵抗する慢性前立腺炎の症状を長期間認めるも、原因菌が特定できない場合に使用される病名である。未知のウイルスや細菌、アレルギーが原因との考え方もある。 一方では、細菌感染によらない慢性前立腺炎は存在しないとの考え方も多い。 次の病名が非細菌性慢性前立腺炎の範疇に含まれるものと考えられている。 前立腺痛 前立腺症 陰部神経症 骨盤内静脈うっ滞症候群 慢性骨盤疼痛症候群

鍼を置くのは、少し「ダークな部分」があります。

重症な患者さんに、「明るく治療」は、できません。

真剣です。

素朴に疑問なんです。笑 本当に、矯正ということができるのか? 何ミリ動かすと矯正になるのか? そもそも、何ミリも人間の身体を動かすことができるのか

本当に、効果があるのなら、

肩こりと咳・・一見関係ないようですが、

肩こりが自律神経の不安定(自立神経失調症)

によって生じているのであれば、気管支などは、

狭まったり広がったり不安定になっているはずです。

 

 

咳や喘息に効くツボは?

あきらめている人多いです。

円形脱毛症」で、西洋医学的な治療で効果が得られない、そんな時、鍼灸治療で治療効果を示す場合があります。 東洋医学での治療効果と見通しについて説明します。

リンパ浮腫(むくみ)の治療【子宮ガンによる】

40歳代女性 宗像市在住 12年前に子宮ガン手術。

昨年より、左足にリンパ浮腫

リンパドレナージュ、リンパマッサージ、弾性ストッキングをするが効果がない。

さて困りました・・・・

慢性前立腺炎と診断され、

薬剤が効果が無く

臀部や陰部(陰茎の違和感やED)、足の冷え(冷え症)が

 

本気に治療する治療院ご存知ですか?

整体、整骨、カイロ、リンパ、鍼灸、でも、どうしても治らない。

どうしても治りたい。

20代男性(福岡県在住)、 左後頭部に脱毛がありました。 しかし、円形脱毛症というより、 左後頭部のほとんどの部分が脱毛している状態でした。

何ヶ月も、風邪の症状が続き、倦怠感が酷い

何ヶ月も、風邪の症状が続き、倦怠感が酷い患者さんの記録です。

主治医からは、自律神経の問題と言われています。

西洋薬を数ヶ月、同時に、漢方薬も飲んでいますが、一向に改善しません。

最新鍼灸治療165病―現代中国臨床の指南書 張 仁 編   浅野 周 翻訳

目次(数字はページ数) 内科疾患:インフルエンザ3、急性黄疸型肝炎5、慢性ウイルス性肝炎8、急性細菌性赤痢13、細菌性食中毒17、伝染性下痢18、流行性出血熱19、ライム病23、慢性気管支炎24、

すごいですね。

不可能が可能に!? 花粉症を撃退する免疫細胞「Tレグ」が遂に発見される

  4月5日、NHKスペシャルの「新アレルギー治療~鍵を握る免疫細胞~」を見て、アレルギーを持っているヒトは確かに最近増えていることが理解できた。その原因は周囲がきれいすぎるから…という、驚きの調査結果だった。

   こんな治療も減るとうれしい!

鬱病うつ病)の患者さんの治療 大学病院で、 電気ショック療法を されている。 強いお薬も。

自律神経失調症で 足先は、 氷のように 冷たい。 つまり、冷え性ですね。

痛み止めが効かない頭痛の治療 治療後4日目で、頭痛薬が必要がない程度に改善 (鍼治療前の症状を10として、2.5~4.5 5~7割り程度の改善。)

それでも、足先はあたたまります。

鬱の患者さんの治療 大学病院で、

電気ショック療法を

されている。

強いお薬も。

自律神経失調で

足先は、氷のように

冷たい。

しかし、

本気に治療する治療院なので・・・

整体、整骨、カイロ、リンパ、鍼灸に行ったけれどどうしても治らない!

どうしても治りたい!

本気の治療を受けたい!という方のページです。

I footnotes