ゴムの用に伸び縮みしているのではなく、 スライドすることで、伸び縮みしている。

【治療前】 首、肩、肩甲骨、腕の筋肉が引きつって、痛み(筋肉痛)が出て上を向くことができない患者さんの治療です。

肩甲骨が、本当にズレるのか? 本当に目で確認できるくらいにズレているのであれば、手術が必要だと思います。

「首が回らない」という言葉のように、日々の生活での心配事やストレスで首、肩、頭の部分が過度に緊張して首の血行が悪くなることが、首コリにつながります。

ハムストリングスの鍼灸治療 1回目 筋肉が硬ければ、針が通りません。それほど、筋肉は、固くなるのです。

最初に・・ 頸椎ヘルニアと診断されたら、手術適応なのか、そうでないのかしっかりと、主治医の先生と相談します。これは、後になって手術をした場合、めまいや手のしびれが残ってしまうからです。

首コリは、喉の筋肉に影響を与えています。 東洋医学的に、身体はひとつながりです。様々な部分に一つの動きは、関連しています。 同様に首周辺の筋肉も複雑に関連しています。主に、喉の筋肉や、顎の筋肉にも関係しています。

正座をしていると足がしびれますか? まず、「しびれ(←クリック)」ってわかりますか?わからない方は、勉強する必要があります。 正座をして、しびれるのであれば、正常です。安心してください。(^^♪ 正座していないのに足がし

原因不明   お腹が痛くて、病院に行く。整腸剤や胃薬をもらう。それを、繰り返して、お腹が痛くなる度に、整腸剤や胃薬を飲むのことは、治しているのでしょうか?

それは、手術することで、手術跡が固くなることで、神経を圧迫している可能性があります。その部分の原因を取り除くことが改善への道になります

治療を積み重ねることがとても大切になると思います。 一つ一つの積み重ねが、東洋医学が試す価値がある・・ということを証明されてくるのかもしれません。

  当院の治療のポイントは・・・ ■画像診断で脊柱管狭窄症なのか?   それは、手術適応なのか?

今までに、5名の方をみつけたことがあります。 私の治療院は、人通りゼロの場所(笑) なので お見えになる患者さんは、ネットとご紹介の患者さんばかりです。

f足低筋膜炎(あしていきんまくえん)と言う病気ではなく、腰の神経からの痛みやしびれの改善は、鍼灸治療が有効な場合があります。 g足低筋膜炎(あしていきんまくえん)の治療をしたが、かかとの痛みが取れない場合や、ふくらはぎのしびれも当時にある場合は、鍼灸治療が有効な場合があります。

脇腹の痛みは、肋間神経痛なのかもしれません。呼吸が浅くなるような感じがあれば、少しずつ症状が進んでいることがあります。f 呼吸をしているのに、空気が入ってきていない。肋骨の神経の働きや、肩甲骨周辺の筋肉のコリが原因になっていることもあります。g

あなたにとって最良の治療をしてくれていますか? マッサージ・カイロ・整体、もちろん鍼灸もいいですが、きちんとリスクを理解しているでしょうか? 例えば、

妊娠中の病気は薬を飲めないことが多いので苦労します。f 妊娠中、腰痛や頭痛では、薬を飲めないことが多いので苦労します。g

しびれの治療は、時間との勝負   痺れ(しびれ)の改善の治療は、時間との勝負なことが多いです。長く手や足が痺れて(しびれて)いる場合、重点的に治療するべきです。それは、時間が経過すればするほど、治りにくくなるか

背中の痛みと違和感の治療 首の痛みや肩コリの原因となることもあります。 その他の症状として、後頭部のもやもやと左背中の痛みなど後頭部の症状もでることもあります。

鍼を置くのは、少しダークな部分がありますね。 重症な患者さんに、明るく治療なんてのは、できませんね。

その時だけは、気持ちいいけど・・・ 笑 例えば、マッサージが筋肉を柔らかくするものだとして・・ 本当にそうなら、スーパーで買ってきた、安くて硬いステーキ。 まな板でマッサージします? 笑

◆顔を上を向くと左手に酷いしびれが出る患者 顔を左右に向けると左の鎖骨あたりに痛みがあり、 特に左に向けたときに痛みが酷い。

頚椎ヘルニアと診断されて、しびれ(痺れ)があれば、 手術を視野に入れる必要があります。 もし、主治医が手術を勧めなければ、

I footnotes