肩甲骨が、本当にズレるのか? 本当に目で確認できるくらいにズレているのであれば、手術が必要だと思います。

ぎっくり腰、つらいですよね。 ましてや、年に何回も繰り返して、 クセ(癖)にようになっていればなおさらですよね。

膝裏の痛み・・喜んでもらうことが、うれしい。

  ■ どうしても治らない、どうして?? ■ それは、原因に対して治療方法が間違っているからです。   よく聞きますよね。 「整体、整骨、カイロ、リンパ、鍼灸に行ったけれどどうしても治らない!」と・・

そのポイントは、神経の圧迫を取ることにあります。圧迫しているものは何でしょう?f 神経の圧迫を取ることがポイントになりますが、その最適な方法が鍼灸治療です。g

肘部管症候群手術後の「残念」な問題 4つ 手術をするということは、相当な決心が必要でしょう?

  ■ 十分にありえます。 ■ それが、自律神経の作用です。つまり自律神経失調症です。   しびれは、神経の血流不足が原因です。 さらに、神経の血流不足の原因は、筋肉が固くなることや、「自律神経」の緊

「肉離れ」には、発熱、痛みがありますよね。 「後遺症」のため以前のように柔軟に運動できなくなりますよね。 今回は、ハムストリングスの「肉離れ」の治療についてポイントを整理してみます。 あなたの治療に役立てください。

「しびれ」は、つらい症状ですよね。 そんなつらい「しびれ」の原因と改善するのに必要な事をご紹介します。

原因不明   お腹が痛くて、病院に行く。整腸剤や胃薬をもらう。それを、繰り返して、お腹が痛くなる度に、整腸剤や胃薬を飲むのことは、治しているのでしょうか?

それは、手術することで、手術跡が固くなることで、神経を圧迫している可能性があります。その部分の原因を取り除くことが改善への道になります

治療を積み重ねることがとても大切になると思います。 一つ一つの積み重ねが、東洋医学が試す価値がある・・ということを証明されてくるのかもしれません。

  当院の治療のポイントは・・・ ■画像診断で脊柱管狭窄症なのか?   それは、手術適応なのか?

今までに、5名の方をみつけたことがあります。 私の治療院は、人通りゼロの場所(笑) なので お見えになる患者さんは、ネットとご紹介の患者さんばかりです。

f足低筋膜炎(あしていきんまくえん)と言う病気ではなく、腰の神経からの痛みやしびれの改善は、鍼灸治療が有効な場合があります。 g足低筋膜炎(あしていきんまくえん)の治療をしたが、かかとの痛みが取れない場合や、ふくらはぎのしびれも当時にある場合は、鍼灸治療が有効な場合があります。

脇腹の痛みは、肋間神経痛なのかもしれません。呼吸が浅くなるような感じがあれば、少しずつ症状が進んでいることがあります。f 呼吸をしているのに、空気が入ってきていない。肋骨の神経の働きや、肩甲骨周辺の筋肉のコリが原因になっていることもあります。g

妊娠中の病気は薬を飲めないことが多いので苦労します。f 妊娠中、腰痛や頭痛では、薬を飲めないことが多いので苦労します。g

背中の痛みと違和感の治療 首の痛みや肩コリの原因となることもあります。 その他の症状として、後頭部のもやもやと左背中の痛みなど後頭部の症状もでることもあります。

あきらめている人多いです。 「円形脱毛症」で、西洋医学的な治療で効果が得られない、そんな時、鍼灸治療で治療効果を示す場合があります。 東洋医学での治療効果と見通しについて説明します。

:)
I footnotes