強迫性障害の治療2010年9月

強迫性障害の治療

思い当たる原因は、ストレス(姑問題など)
■性別 女性 既婚
■年齢 30歳代前半
■診断名<主治医より> 強迫性障害(1年前より)
■症状など

・西洋医学的治療 安定剤などの服用
・思い当たる原因  ストレス(姑問題など)

・症状 強迫性障害に類する症状

確認の強迫性障害【確認行為】

主な具体的な症状 手のひらを握りしめたままで開くことができない。

手のひらを握りしめた状態(グーの状態)での生活。

靴の脱着、衣類の着替え、風呂での洗顔、洗髪など

生活の一切を母親が手伝っている状態。

旦那さんとは、別居(実家での治療の為)。

・その他

倦怠感

吐き気

肩こり

背中の痛み

腰の痛み

頭痛と頭の重さ

胸の重さ

生理痛

便秘

寝汗

悪夢

寝言(会話、叫び)

睡眠の不足(3時間おきに目が覚める)

■参照 睡眠の不足 不眠症

引きこもり

・・・・など

 

参考:頭痛<左右の後頭部・側頭部>首こりの治療について


首の痛みで振り向けない(本院ブログより)

治療の成果

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■温情抜きで現在の症状を、ご本人に伺ったところ

ここ5ヶ月の変化は 最初の症状を10とすると現在6~7です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■ 治療方法は、鍼灸治療とカウンセリングです。

 

<傷害部位は左図の赤い部分>

送信者 強迫性障害 2010/09/28

 

本人も疲弊しています。ご家族もです。双方、元気になっていただきたい。

来院時には、お母様と来院です。

その際には貸し切りで、それぞれの個室にて、気になる症状の治療をしています。

この他の病気でも、付き添いの方の治療をしています。

重い病気には、ご家族の協力が必要です。

本人も病気で疲労、疲弊しますが、

同時に、ご家族も、疲労、疲弊していることがたくさん見受けられます。

看病しているご家族も元気になって欲しい。

それが、クリアーボディ鍼灸治療院の治療スタイルです。

 

写真のように手を握りしめて生活をされていました。【現在は改善しています。】

今回の為に手を握って写真を撮らせていただきました。

 

送信者 強迫性障害 2010/09/28

1回目 手はグーのまま。ドアが開けられません。

お母様の付き添いで来院。

手は、握ったまま、靴を脱ぐときは、一度、座り、お母様が

靴を脱がせます。ドアなども、ご自分で開けることは、できません。

着衣の着脱もご自分ではできなくて、援助が必要です。

表情は、かなり辛そうです。

お母様とご本人からお話を伺いました。

1年という長い間、辛い症状があるということが、お話を聞いてよく理解できました。

丁寧に体を診ていきましょうということをお話して治療を開始しました。

付き添いのお母様は、別室にて、日頃の疲れを鍼灸治療でとっていただきました。

当然、お二人のために貸し切りとなります。

● 1回目のつらい症状としては、目の奥に痛みがあり、ガンガン痛むということでした。

△ 体を診てわかったこと

・左右の脈が沈んで弱い傾向にあること

・特に心経の脈が沈んで弱いこと

・頭の左右の前に痛みが集中していること

・お腹については、冷たさはないですが、張りがあること

・首の左側中央に痛みがあること

□ 改善するように鍼灸治療を行いました。

2回目 運転ができない。後頭部が痛い。

お母様の付き添いで来院。本院は車の運転はできるが、

この強迫性障害という病気になってからは、運転ができなくなっています。

手を握りしめたままです。

●前回の治療後、非常にだるかったということでした。

頭痛は、残らなかったということで改善しました。

今日の辛い症状は、一番悪い時を10として採点すると、

肩こり 4/10

生理痛 7/10

若干の頭痛

全体的な調子の悪さ 9/10 <1回目の治療の時を10として>

△体の様子

・首の前、左右に違和感

・右顎の下に違和感

・後頭部左右に違和感と痛み、特に左側

・左右の脈は、沈んで無力

・特に心経の脈と肺経の脈は弱い

・頭の左後ろに痛みが集中

・お腹はへその右上に固い部分

・首の後、右側に上から下にかけてコリ

□ 本人に症状について詳しくお話を伺いました。

(症状が、どんな時につらくなるかなど)

改善するように鍼灸治療を行いました。

 

3回目 頭の重さが改善。友人の県外での結婚式に出席。

3回目 付き添いで来院。手は握りしめたまま。

ご友人の結婚式で県外の式場へ出席されたとのこと、

表情は辛そうだが声には力があった。

●前回の治療後、特にだるくなることはありませんでした。

頭の重さは、以前ほど、ガンガン痛まなくなっていますとのこと。

今日は、吐き気がひどいとのこと。一番悪い時を10として

下痢

吐き気 10/10

△体の様子

・首の前 左に違和感

・顎の下左右に違和感特に左

・後頭部左右に違和感、特に左

・耳の後ろ、左側に違和感

・首の後ろ左右、後頭部に近いところ。特に右側

・首の後ろ中央 左側

・頭 右前に痛み ず~んとくる痛み

・お腹へその上左右が固い

・腰、左側に違和感

□ ご両親と旦那さんの事についてお話を伺いました。

鍼灸治療をしました。

4回目 手は握りしめたまま来院。

京都の方へ旅行の計画があるとのこと。

最近、福岡市内へ買い物に出かけることがあるなど

●前回の治療後

手の握りしめは、最近手を開いていることがある。

しかし、握っているときが安心できることも多い。

楽しいときには、負担が減るなど・・・

下痢は改善。ただ、便秘気味になり便は、最近は以前の様に固くはなく、

やわらかいとのこと。

吐き気、治った。

一番、症状が悪い時を10として、

頭の重さ  1/10

肩の違和感 3/10

吐き気  無し

腰のだるさ

△体の様子

・顎の下 左右の違和感、若干

・首の後ろ 左右 中央 右側に強く

・頭 左側 後ろに違和感

・お腹 冷え無し

・腰 左側 真ん中に特に強いコリ

□ 日頃の生活についてお話を伺いました。

鍼灸治療をしました。

■ 週末より、旦那さんのもとへ、一時帰宅されました。

5回目 1ヶ月半後、来院。手の握りしめは変わらず。

靴の着脱は、本人ができるようになっている。

着衣の着脱もできるようになっている。

●前回の治療後、着衣の着脱などは自分でできるようになった。

今日は、風邪気味、のど、鼻、耳がつらい。詰まっている感じ。

頭の重さ 10/10 左半分が痛い

肩こり  10/10

吐き気  最近は、無い

腰のだるさ 腰と肩の間が痛い

便通 便秘気味 固い便に変化

不眠 3時間ほどで目が覚める

寝汗がひどく、2回程度着替える

寝言がひどい 叫んでいる

悪夢

すっきりと目が覚めない。

△体の様子

・首の全面 左右に違和感と痛み

・顎の下左右 顕著な違和感

・後頭部 右 痛み

・頭 左側に痛み 前から後ろにかけて痛みがひどく出ている。

・お腹 冷えは無し、少し固い張り

・腰 左右真ん中付近にかなり強いコリ

□ 旦那さんとの生活のこと、

「自分はどのくらいムリをしていますか?」ということに

ついてカウンセリング

鍼灸治療をおこないました。

6回目 手の握りしめ若干の改善もしくは変化無し

表情は、普通

●前回の治療後、症状の悪化は無し

夢をみて、叫んでいたとのこと。

寝汗あり

頭の重さ 8/10

後頭部 首 肩が重い

吐き気 無し

腰の重さ ひどい 8/10

下腹部のもやもや感

膀胱なのか腸なのかわからない

トイレの回数が多い

食事はおいしく食べている。

△体の様子

・脈は沈んで、なかなかとることができません。

・脈に力は無く、少し早いです。

・首の全面 左右に違和感

・顎の右側 腫れ

・後頭部 左右に痛み 特に右

・後首部 右側痛み

・頭 左側に痛み後ろにいくに従って顕著

・下腹部 中央 張り

・腰 左側 中央 顕著なコリ

□ 鍼灸治療と悪夢についてのお話をうかがいました。

7回目 表情は普通

●前回の治療後、症状の悪化は無し

頭の重さ 9/10

こめかみ、あごが痛い

吐き気 たまにあり

おなかのはり

後頭部の痛みは、改善

すごくねむい

悪夢

寝言 叫ぶ

△体の様子

・脈は前回より沈んでいない。

・脈が細い

・脈は無力から少し有力へ変化

・顎の左右に腫れ

・後頭部 右に違和感と圧痛

・首の後ろに症状無し

・頭に症状無し

・腰 右側 中央にコリ

□夢の内容についてのお話、生育歴(18歳か~)のお話を伺いました。

鍼灸治療をしましました。

8回目  表情は普通

●前回の治療後症状の悪化はなし

・寝汗がひどい

・寝言

寝ていて良くしゃべっている。

叫びは、少なくなっている。

良い夢をみるようになっている。

・便秘気味

・吐き気 最近無い

・腰 特にきつくはない

・頭の重さ 8/10

ここ何日か、首、肩と共に重い

△体の様子

・頭 左中央 右前 後ろに痛み

・お腹 冷え無し かるい張り

・腰 左 中央にコリ

・脈 左側>右側

・腎経 脾経 心包経の脈 弱い

・首の 全面左側違和感

・後頭部 左右違和感 特に右側

・耳の後ろ 右側 張り

・後頸部 左右中央痛み 特に右側

□夢の内容についてのお話 鍼灸治療

9回目 ●前回の治療後 症状の悪化は無し

・引きこもりの症状は、改善。外出が大丈夫になってきている。

・かみしめ 歯ぎしりをしている

・頭の重さ 8/10

・肩こり  5/10 左右差は無い

・胸の重さ 痛いような

・以前に比べるとスグに眠くなるが、3時間おきには目が覚める。

△体の様子

・頭 左前 痛み

・お腹 へその上 固い 冷え無し

・腰 コリ無し

・脈 左側>右側

・心経 肝経 腎経 脾経 心包経 弱い特に心包経

・首の全面 左側痛み

・顎の下 右側 若干痛み

・後頭部 左右痛み 少し

□ 鍼灸治療 カウンセリング

10回目 ●治療後は、大丈夫。しかし、だるくなる。

今日は、あちこち出かけたのですごく疲れている。

・頭の重さ 8/10

・頭痛 少し

・首  9/10

・肩 9/10

・ひさしぶり寝汗と夢をたくさん見た。(それまでは改善)

・胸の重さ 8/10

△体の様子

・頭 左前痛み
・お腹 へその上と左下 固い

・腰の右側 固い 特に下に圧痛

・脈 腎経 肺経 心包経が弱い

・首の全面 左右に違和感 特に左側

□ 鍼灸治療とカウンセリング

11回目 ●治療後、大丈夫。だるかったので、その後眠った。

・寝た満足感は、不足気味。

・眠っている状態と起きている状態の中間にいるような感じ。

・夜になるといつのまにか眠っている。

・寝汗

・寝言 叫び

△体の様子

・頭 左側痛み 特に前と横に顕著

・お腹 冷え無し 全体的にやや張り

・心包経 が弱い 後は大丈夫

・顎の下 右側 少し張り

・後頭部 右 顕著な圧痛

□ カウンセリング(夢) 鍼灸治療

12回目 ●治療後、大丈夫。

・元気 9/10

・頭 9/10

・目の充血 のど、鼻の症状 風邪?

・ねむり

よく寝ている

寝汗が改善

夢を見て叫んでいるときに汗をかいている

【悪い夢の内容】

現実に近い夢・知っている人が登場・追いつめられる感じ

自分にいやなことが多い。

△体の様子

・頭 左前の痛み 右横の痛み

・お腹 へその上 左下の硬結 冷え無し

・腰 左下に痛み

・脈 肺経が弱い

・首 全面 左右若干の違和感

・後頭部 右側 痛み

□カウンセリング(精神疾患と東洋医学について) 鍼灸治療

まとめ

・他に、うつ病、パニック障害などの精神的な症状があり、日常生活がスムーズに送れないなどの病気の治療をしています。

・このような病気では、本人はもとより、ご家族も疲弊します。あわせてご家族の治療も行っています。

・お薬を減らしたいというご要望の患者さんの治療もしています。

・お一人お一人を完全個室にて治療するためカウンセリングについてもプライバシーが確実に守られます。

 

◆治療にこだわりすぎると言われる院長の紹介  ◆

 

「つらい症状」と「鍼の違和感や痛み」を天秤にかけた時に

患者さんの鍼に対する「違和感や痛み」が出ないように、希望に沿うように第一に治療します。

「つらい症状」が取れるなら、「鍼の痛みや違和感」が出ても、鍼数や鍼の深さを深くして一刻も早く、患者さんの症状を取る方を優先します。

一見過激な治療のよう見えると思います。

しかし、一刻も早く、「痛みや違和感」を取り除くためには避けては通れません。

 

治るなら赤字でも

1回10本程度置く鍼灸治療院があるとします。

私は、1回に100本を置くことも普通にあります。 これは、1回に10本置く治療院の10回分です。

1週間に1回治療したとして、10週間分、2ヶ月半分の治療に相当。 100本でも200本でも、治療料金は、変わりません。

こんな破天荒な治療なので「普通に赤字」になってます。

身体への負担も大きいでしょうね。

患者さんに良くなってほしいと強く思っているから、「治すこと」に妥協していないのです。

  17162965398_e35eb34f13_z  

たかが「肩こり」、されど「肩こり」

例えば、「肩こり」・・・・・・

「肩こり」のひどい患者さんが訪れ治療をしたときに・・・

「こんな治療(長時間で丁寧な)をされたのは、初めてです。」と言われて 自分は何を治療したのか・・・とあらためて考えました。

「肩こり」の部分を「糖尿病」「癌」「白内障」「脳性麻痺」・・・などどの言葉に入れ替えても

私は、同じように考えてしまいます。それは・・

 

お金儲けするために・・?

「肩こり」なら

コリのある部分だけに鍼を刺しても良いですよね。

まあ、その方がいいでしょう。その方が、患者さんも「あー、「肩こり」の治療だから、肩に刺してるんだ」と納得してもらえます。「肩こり」なんだから、肩だけに集中すればいい。それが、「ダイレクトに商売」につながります。

でも、

もし、「肩こり」を根本的に治療するとしたら、そして、「肩こり」を起こしにくい「身体」に修復するとしたら、「身体」全体を見る必要があります。

加えて、時間も相当かかるし、技術的にも高度になります。

商売人なら、どんな治療でも「その問題の部分だけに集中しろ」と言うでしょう?。

「肩こり」なら「肩こり」に集中!という具合に。

それは、「単純に治療」することで、患者の回転を上げ、針代を浮かせて、「利益を得て儲かる」ということにつながります。

もちろん、治療内容も患者さんに理解されやすい。「お金儲け」は、「世の中の常識」ですよね。

でも、「お金儲け」・・得意ではないんですよ。

 

職人としての判断「症状の再発を無くすために」

しかし私なら、基本的に「体全体の治療」をしたくなります。「局所の治療」だけでは、再発する可能性が高いからです。

ベストを尽くして、それを積み重ねて、最後に完璧を目指す。そうなると、じっくりとその患者さんの病気に向かい合うしかありません。 しかし、それは、「危ない橋」を渡ることになります。

なぜ、「体全体の治療」にこだわるのか?なぜ、「危ない橋」をわたるのか?

それは、治療者、職人として、「あなたの体には何が必要なのか?」を判断したからです。

あなたの体を「肩こり」を起こしにくい体にしたいから。まだまだ、生活を楽しんで欲しいから。ずっと、ずっと「元気」でいて欲しいから。

おそらく、治療時間と回数は長くかかります。

でも、患者から得る利益の採算や時間的な効率、一人の患者に対する予算には、目をつむること。無視すること。それ相応の治療費をもらおうなどとは考えない。ここが、「1番大切」なこと。

「安く治療してくれ」という要望に応えた訳じゃありません。

「安く治療してくれるところ」は、巷にあふれています。そうでしょう?わざわざ、「小さな鍼灸治療院」に来る必要はありません。

しかし、あえて、本院を選んでくれた「気持ち」に対してこそできる「治療」がココには、あります。

 

■予約について

■料金について

■フェイシャル鍼灸について

■アクセスについて

  16859686419_7bd82962c3_z  

◆ 院長   平田 祥

北九州市出身

・福岡教育大学卒業 <地学科 天体物理学>

・私立高校講師 物理 生物

・福岡県福津市内 公立中学校 理科講師

・鹿児島県 理科 教員採用試験に合格

・鹿児島県 正規 教員<教育公務員>

生徒指導主任、理科主任、道徳主任などを歴任

教育論文など発表 特選など受賞

退職

現在 鍼灸師

 
I footnotes