脳梗塞と鍼治療

脳梗塞」で右半身麻痺の依頼主に鍼治療を行ったら動くようになりました。
ご覧ください。

 

■要点・・・モデルラットの脳梗塞発現抑制に与える影響

・「鍼治療」は,脳血管障害患者の「脳血流」を改善する。
・それは、神経成長因子への影響で説明できる。
・動物実験では、脳梗塞量の「縮小」が認められた。
・脳梗塞量を「抑制」するような「脳の保護作用」が示唆された。
東洋医学でいう「未病治」、すなわち鍼刺激が病巣発現に対し「予防的な効果」をもたらす可能性も考えられた。
 

これまで鍼治療は,脳血管障害患者の脳血流を改善することにより,臨床症状が改善される可能性が報告され1H3),実験動物に対する鍼刺激効果も,脳梗塞領域への様々な神経ペプチドや神経成長因子への影響が示唆されている14-23)。
すなわち,鍼刺激情報が障害脳局所へ伝達され,脳梗塞層周辺部ヘシグナルを与え,各神経成長因子が放出されることで,脳局所の梗塞を抑制することが考えられている。
今回のわれわれ の結果でも,特に4群間の比較でElectro群において脳梗塞量の縮小が認められた。
このことは,特定の鍼刺激周波数による脳内におけるsubstance P,CGRPなどの神経ペプチド放出,
さらに神経成長因子などに影響したことが考えられた。

これらのことより,脳梗塞モデルラットの一側 前肢・後肢への鍼通電刺激は脳内環境へ影響を及ぼし,
脳梗塞量を抑制するような脳の保護作用が示唆され,東洋医学でいう「未病治」,
すなわち鍼刺激が病巣発現に対し予防的な効果をもたらす可能性も考えられた。

また,今後どの時期(急 性期・慢性期)にどの部位への鍼刺激がより効果的であるか,
およびどのような効果があるかなどを検討課題としたい。

患者Aさん
これだけでは、
「鍼治療」が脳に有効だとは言い切れないと思いますが・・
クリアーボディ鍼灸治療院さん
「ワレンベルグ症候群」と言って、脳に障害があって
右側の「温かさ」と「痛み」を感じることができない依頼主の改善の様子です。

 

患者Aさん
よろこんでいますね。
他には?
 
 
クリアーボディ鍼灸治療院さん

脳室周囲白質軟化症(PVL)、発達障害鬱病などの治療経験があります。
 

延髄外側症候群(えんずいがいそくしょうこうぐん、英:Lateral medullary syndrome)は、脳幹障害のうちの一つで、延髄外側の梗塞によって生じる症候群。通称ワレンベルク症候群(独:Wallenberg-Syndrome)。

病態
延髄外側が障害されることによって下記の一連の症状を表す。
主に椎骨動脈ないし椎骨動脈の枝である後下小脳動脈の閉塞によると考えられている。

  
温痛覚麻痺について
関連 ブラウン・セカール症候群

ブラウン・セカール症候群
Brown-Séquard syndrome
ブラウン・セカール症候群(英: Brown–Séquard syndrome)あるいは脊髄半側切断症候群とは、脊髄のある部位の半側が障害されたときに障害部位以下でおこる運動麻痺や感覚麻痺などの症状をいう。

症状
障害側にみられるもの
随意運動麻痺、深部感覚麻痺、血管運動の障害
反対側にみられるもの
温度覚麻痺、痛覚麻痺
両側にみられるもの
触覚障害

伝導路と麻痺の出現
随意運動の伝導路は錐体路と呼ばれる。中枢は大脳皮質のarea4であり、神経線維は内包を通って下降する。大部分の神経線維は延髄の下端で左右交叉して脊髄に入り[1]外側を下降(外側皮質脊髄路)、順次、脊髄の前角で運動神経に接続する。このため、脊髄の半側が障害された場合の運動麻痺は、障害側に現れる。
脊髄を上行する伝導路のうち後索路は、脊髄で左右交叉しない。したがって後索路を通る深部感覚、2点識別型触覚の麻痺は障害側に現れる。 これに対して脊髄視床路は脊髄で左右交叉するため、これを通る温度覚、痛覚、原始的触覚の麻痺は反対側に現れる。

 

この記事の投稿者: 平田 祥

◆治療にこだわりすぎると言われる院長の紹介  ◆

 

「つらい症状」と「鍼の違和感や痛み」を天秤にかけた時に

患者さんの鍼に対する「違和感や痛み」が出ないように、希望に沿うように第一に治療します。

「つらい症状」が取れるなら、「鍼の痛みや違和感」が出ても、鍼数や鍼の深さを深くして一刻も早く、患者さんの症状を取る方を優先します。

一見過激な治療のよう見えると思います。

しかし、一刻も早く、「痛みや違和感」を取り除くためには避けては通れません。

 

治るなら赤字でも

1回10本程度置く鍼灸治療院があるとします。

私は、1回に100本を置くことも普通にあります。 これは、1回に10本置く治療院の10回分です。

1週間に1回治療したとして、10週間分、2ヶ月半分の治療に相当。 100本でも200本でも、治療料金は、変わりません。

こんな破天荒な治療なので「普通に赤字」になってます。

身体への負担も大きいでしょうね。

患者さんに良くなってほしいと強く思っているから、「治すこと」に妥協していないのです。

  17162965398_e35eb34f13_z  

たかが「肩こり」、されど「肩こり」

例えば、「肩こり」・・・・・・

「肩こり」のひどい患者さんが訪れ治療をしたときに・・・

「こんな治療(長時間で丁寧な)をされたのは、初めてです。」と言われて 自分は何を治療したのか・・・とあらためて考えました。

「肩こり」の部分を「糖尿病」「癌」「白内障」「脳性麻痺」・・・などどの言葉に入れ替えても

私は、同じように考えてしまいます。それは・・

 

お金儲けするために・・?

「肩こり」なら

コリのある部分だけに鍼を刺しても良いですよね。

まあ、その方がいいでしょう。その方が、患者さんも「あー、「肩こり」の治療だから、肩に刺してるんだ」と納得してもらえます。「肩こり」なんだから、肩だけに集中すればいい。それが、「ダイレクトに商売」につながります。

でも、

もし、「肩こり」を根本的に治療するとしたら、そして、「肩こり」を起こしにくい「身体」に修復するとしたら、「身体」全体を見る必要があります。

加えて、時間も相当かかるし、技術的にも高度になります。

商売人なら、どんな治療でも「その問題の部分だけに集中しろ」と言うでしょう?。

「肩こり」なら「肩こり」に集中!という具合に。

それは、「単純に治療」することで、患者の回転を上げ、針代を浮かせて、「利益を得て儲かる」ということにつながります。

もちろん、治療内容も患者さんに理解されやすい。「お金儲け」は、「世の中の常識」ですよね。

でも、「お金儲け」・・得意ではないんですよ。

 

職人としての判断「症状の再発を無くすために」

しかし私なら、基本的に「体全体の治療」をしたくなります。「局所の治療」だけでは、再発する可能性が高いからです。

ベストを尽くして、それを積み重ねて、最後に完璧を目指す。そうなると、じっくりとその患者さんの病気に向かい合うしかありません。 しかし、それは、「危ない橋」を渡ることになります。

なぜ、「体全体の治療」にこだわるのか?なぜ、「危ない橋」をわたるのか?

それは、治療者、職人として、「あなたの体には何が必要なのか?」を判断したからです。

あなたの体を「肩こり」を起こしにくい体にしたいから。まだまだ、生活を楽しんで欲しいから。ずっと、ずっと「元気」でいて欲しいから。

おそらく、治療時間と回数は長くかかります。

でも、患者から得る利益の採算や時間的な効率、一人の患者に対する予算には、目をつむること。無視すること。それ相応の治療費をもらおうなどとは考えない。ここが、「1番大切」なこと。

「安く治療してくれ」という要望に応えた訳じゃありません。

「安く治療してくれるところ」は、巷にあふれています。そうでしょう?わざわざ、「小さな鍼灸治療院」に来る必要はありません。

しかし、あえて、本院を選んでくれた「気持ち」に対してこそできる「治療」がココには、あります。

 

■予約について

■料金について

■フェイシャル鍼灸について

■アクセスについて

  16859686419_7bd82962c3_z  

◆ 院長   平田 祥

北九州市出身

・福岡教育大学卒業 <地学科 天体物理学>

・私立高校講師 物理 生物

・福岡県福津市内 公立中学校 理科講師

・鹿児島県 理科 教員採用試験に合格

・鹿児島県 正規 教員<教育公務員>

生徒指導主任、理科主任、道徳主任などを歴任

教育論文など発表 特選など受賞

退職

現在 鍼灸師

 
I footnotes