マンモグラフィー:検査の意味をよく知ることが大切

料金について  福岡県福津市若木台5-3-12 TEL:0940-43-0727

子宮がん

左のひどい「肩こり」に「乳がん」を見つけたことがあります。

ここに来る前に、半年以上、依頼主は整形外科に始まり、
カイロ、整体、整骨院に通っていました。
市町村の「乳がん」検診は、1年以内にしていました。
でも、私の所に来た時には、ステージ4(末期)でした。

 

見過ごした原因は2つ

1「マンモグラフィー」の特性を理解していなかった。
 →「マンモグラフィー」検査で「乳がん」を発見できると根拠なく考えていた。
 →医学的知識の不足。
 

クリアーボディ鍼灸治療院さん
 →専門的な知識があっても広報していなければ、職務怠慢、身体を診る専門家として資質に欠ける。
 

2「肩こり」治療で他の病気を疑うことをしない。
 →「肩こり」でも、重大な病気のシグナルである事を理解していない。
 →治療経験が浅い、医学的知識が足りない。
 

クリアーボディ鍼灸治療院さん
 →流れ作業のような治療形態をとっている。
 

患者Aさん
でも、
これって医者でもない私たちが知っておくべきこと?
クリアーボディ鍼灸治療院さん
信頼できる治療者を
見つけていることが大切でしょうね。

 

■ 要点

・「高濃度乳房」では、「乳がん」のしこりが不鮮明で見過ごされる。
・「高濃度乳房」は、日本人女性の5~8割で、ほとんどの女性に「マンモグラフィー」の盲点が適応される。
 

治体が行う乳がん検診のマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)で異常が見えにくい「高濃度乳房」について、厚生労働省は5日、高濃度乳房であることを自治体が受診者に通知するための体制づくりを進めていく方針を決めた。

 乳腺組織の密度が高い高濃度乳房はマンモの画像で乳房全体が白く写り、やはり白く写るがんのしこりが見えにくい。このため、このタイプの乳房の場合、受診者に知らせるべきだとの指摘があり、一部の自治体では独自に通知を行っている。

 この日の有識者検討会では、高濃度乳房を正しく理解できるよう、厚労省が、受診者に通知する場合の標準的な内容を市町村に提示する方針を示し、了承された。内容は、高濃度乳房でも異常が見つけやすい超音波検査を紹介することなどが想定されている。

 日本人女性の5~8割が高濃度乳房といわれるが、正確な実態はわかっていない。厚労省は今後、乳房のタイプに関する調査を行うことも検討している。

患者Aさん
なぜ、先生は気が付いたのですか?

クリアーボディ鍼灸治療院さん
「肩こり」は、筋肉が硬い事が原因です。
ですから、肩に100本程度、鍼を置いて
物理的に柔らかくしました。
しかし、依頼主が感じている肩の違和感が
変化しなかったのです。
つまり、肩の違和感は、
別に原因があると考え病院へ行くように言ったのです。
患者Aさん
「肩こり」でも簡単に考えたらいけないのですね。
クリアーボディ鍼灸治療院さん
こんな怪しい治療院でも、
「乳がん」は8人見つけてます。
もちろん、末期。
みなさん、亡くなっています。
患者Aさん
「完全に柔らかくする」ことが、ポイントですね。
クリアーボディ鍼灸治療院さん
そのために、鍼を鬼盛りです。

 

  

I
タイトルとURLをコピーしました