どんな時でも温めれば良いわけではない

料金について  福岡県福津市若木台5-3-12 TEL:0940-43-0727

のぼせ

身体がほてるようであれば、東洋医学的には、熱証と言われます。
ざっくり分類します。
・表面が熱くて身体の芯は、冷えている場合。
・表面は冷えて、芯が熱い場合

それぞれ鍼灸治療の方法が違って来ます。

熱証とは
発熱(寒冷を好む)・口渇(冷たい物を飲みたがる)・顔面紅潮・目が充血・尿の色が濃く少尿・大便で乾いている・舌は紅、ドクドク脈がある。

I
タイトルとURLをコピーしました