五十肩の治療で大切にすべき4つのポイント

料金について  福岡県福津市若木台5-3-12 TEL:0940-43-0727

五十肩の治療に必要な条件福岡県 福津市 クリアーボディ鍼灸治療院 うでのしびれ
五十肩の治療に必要な条件福岡県 福津市 クリアーボディ鍼灸治療院 

半年以上、痛みがあり、眠れませんでした。

半年以上続く、痛みにクタクタです。
続く痛みを治したくて、整形外科にも整骨院にもカイロ、整体にも通いました。
続く痛みには、全く効果がありません。
どんな治療をすれば良くなるのかわかりません。

患者Aさん
痛みもしびれもあって困っています。仕事ができません。

 

【クリアーボディ鍼灸治療院さん】
それは、つらいですよね。

 

 

【患者Aさん】
本当に困っているのです。
どうすればよいですか?

 

 

【クリアーボディ鍼灸治療院さん】
「原因」がしっかりわかることが大切です。

 

 

【患者Aさん】
「原因」ですか?

 

 

【クリアーボディ鍼灸治療院さん】
そうです!
「原因」がわかれば、どんな治療が必要かわかります。

 

 

五十肩の治療で大切にすべき4つのポイント

1原因の理解
2痛み止めとの関連
3可動域とリハビリ
4鍼灸治療のメリット

 

1原因の理解


筋肉」が悪いのです。

 

肩の周りの「筋肉が硬く」なります。
肩の使い過ぎです。
肩回りが固まります。
肩を無理に動かします。
肩関節に慢性的な炎症が起こります。
慢性的な炎症が、痛みの「原因」です。

どんどん、炎症と肩関節が固くなります。
筋肉が固くなることで、神経を押しつぶします。
神経が押しつぶされると、「しびれ」になります。

患者Aさん
肩の周りの「筋肉が硬い」事が「原因」なのですね。運動が必要ですね。
クリアーボディ鍼灸治療院さん
今、運動してはダメです!
肩回りの「筋肉が硬い」こと、肩関節の石灰化の影響で軟骨や筋肉に致命的ダメージになります。
まずは安静です

 

2痛み止めとの関連


五十肩に湿布は、無駄です。

 
それで、痛みがコントロールできるのであれば、軽い五十肩です。
肩の周囲の炎症がひどい場合、湿布や痛み止め、ステロイド、アイシングなどの沈痛炎症止めが効きません。
炎症もひどいですが、筋肉のダメージ(固くなる)もひどいことを表しています。
炎症<筋肉の固さとなり、神経痛です。
「筋肉の固さ」を改善し、神経の圧迫を無くすことが必要です。

患者Aさん
痛み止めも全く効果が無かったんですけど。
クリアーボディ鍼灸治療院さん
それは、リハビリや日常生活で動かしすぎて更に症状を悪化させたのだと思います。
肩の周囲の「筋肉が硬い」ということは、「痛み」だけではなく、神経にも影響を与えています。
神経自体の痛みを止めるのはとても難しいのです。

 

3可動域とリハビリ

「五十肩、四十肩の原因」は、「筋肉が硬い」ことが土台にあります。
「筋肉の固い」ことで可動域が狭くなります。
動かすと「痛み」がでるのです。

そこで、リハビリが必要!・・と考えます。


ほとんど意味がありません。

 
理由は、一旦硬くなった筋肉は、「ストレッチ」、「マッサージ」では、完全に柔らかくなることはありません。

例えば、
スーパーで特売の厚さ4cmくらいのステーキを買って来たとしましょう。
特売の「固い肉」です。
どのように、柔らかくしますか?

まな板の上で「マッサージ」しますか?
まな板の上で「ストレッチ」をかけますか?

誰もそんなことはしません。
「固い肉」には、「マッサージ・ストレッチ」は無駄ということを知っているからです。

患者Aさん
確かに「硬いお肉」は、台所で「マッサージ」しませんよね。(笑)・・・「ストレッチ」をしているところ見たことないです。(笑)

 

4鍼灸治療のメリット

鍼を置くことで物理的に「筋肉を柔らかくする」ことが可能です。
デメリットとしては、鍼に対する恐怖心や違和感です。
ここに訪れる方々は、本当に重大な決心をしています。
そういう決心をして来た人に答えられる治療をします。

クリアーボディ鍼灸治療院さん
「マッサージ」、「ストレッチ」では不可能な治療になります。

クリアーボディ鍼灸治療院さん
みなさんの感想

I
タイトルとURLをコピーしました