60歳女性とのインフルエンザワクチンの話 【その1】

■あなたの症状に関連する内容です。治療方法を選ぶ時に役立ちます。クリックしてください。
倦怠感
免疫力
治療院について
自律神経失調症

■予約について

■料金について

■フェイシャル鍼灸について

■アクセスについて


今朝、60歳女性とのインフルエンザワクチンの話 【その1】

患者さん:「インフルエンザワクチン、今年は、やめようかと思って」

私:「あらま。どうしてですか?」

患者さん:「去年しても、インフルエンザになりましたよ。あれ、効かないでしょう?」

私:「そうですね。インフルエンザワクチンしていても、感染しますよ。感染するかどうかという点では、”効かない”と思っても仕方ないですよね。インフルエンザは、おおくは鼻と喉のから、身体に入っていきます。だから、うがいが大切ですけど。インフルエンザワクチンをしても鼻と喉でインフルエンザウィルスを防ぐことができないので、ワクチンをしている人もしていない人も同じなんですよ。」

患者さん:「あら、それじゃあ、無駄なんですね。」

私:「無駄というか。重症化は避けられるようなのでその点では、無駄では無いと思いますけど、避けられるかどうかは、確率論ですけどね。笑
とにかく、うがい、手洗い、人混みを避けるという方法でしか感染が効果的に防げないのですよ。それに、最近は、そういうインフルエンザワクチンが感染予防に弱点があるから、鼻にするワクチンの研究もされているようですよ。」 ▲補足1)インフルエンザワクチンにあこがれている立場の者として、(^^♪
インフルエンザの抗原抗体反応(免疫効果)ついて、天然の場合(普通にインフルエンザで苦しんだ)、養殖の場合(インフルエンザワクチン注射)では、養殖の場合の免疫効果は、数か月に対して、天然の場合の免疫効果は、数十年持つ場合もあるそうです。
また、養殖の場合には、よく言われるインフルエンザの型が変異すると、ワクチンが対応できなくて、効果は落ちるのに対して、天然物は、養殖ものよりも、柔軟に対応できるようです。
自然感染によって誘導される免疫は、不活化ワクチンの注射によるもの
よりも、変異ウイルス感染に対する交叉防御能が高い。
(1960年代から知られていた事実)   http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000046765.pdf

患者さん:「そうなんですね。じゃあ、うがいは、ワクチンしていても絶対なんですね。」

私:「そうですよ。それに、もう一つ、65才以上になると、インフルエンザワクチンをしていても、重症化する率は高いそうですよ。」 ▲補足2)・高齢者においてはインフルエンザワクチンは有効でない可能性が高い.   http://drmagician.exblog.jp/21377410/

患者さん:「えーーそうなんですか?」

私:「なので、インフルエンザワクチンした場合でも、うがいと手洗い、人混みは避けましょう。」・・・・【その2】に続く。
□記事の続きを読む・ 

   [ + ]

1. インフルエンザワクチンにあこがれている立場の者として、(^^♪
インフルエンザの抗原抗体反応(免疫効果)ついて、天然の場合(普通にインフルエンザで苦しんだ)、養殖の場合(インフルエンザワクチン注射)では、養殖の場合の免疫効果は、数か月に対して、天然の場合の免疫効果は、数十年持つ場合もあるそうです。
また、養殖の場合には、よく言われるインフルエンザの型が変異すると、ワクチンが対応できなくて、効果は落ちるのに対して、天然物は、養殖ものよりも、柔軟に対応できるようです。
自然感染によって誘導される免疫は、不活化ワクチンの注射によるもの
よりも、変異ウイルス感染に対する交叉防御能が高い。
(1960年代から知られていた事実)   http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000046765.pdf
2. ・高齢者においてはインフルエンザワクチンは有効でない可能性が高い.   http://drmagician.exblog.jp/21377410/
   

◆治療にこだわりすぎると言われる院長の紹介◆

 

「つらい症状」と「鍼の違和感や痛み」を天秤にかけた時に

患者さんの鍼に対する「違和感や痛み」が出ないように、希望に沿うように第一に治療します。

「つらい症状」が取れるなら、「鍼の痛みや違和感」が出ても、鍼数や鍼の深さを深くして一刻も早く、患者さんの症状を取る方を優先します。

一見過激な治療のよう見えると思います。

しかし、一刻も早く、痛みや違和感を取り除くためには避けては通れません。

 

治るなら赤字でも

1回10本程度置く鍼灸治療院があるとします。

私は、1回に100本を置くことも普通にあります。 これは、1回に10本置く治療院の10回分です。

1週間に1回治療したとして、10週間分、2ヶ月半分の治療に相当。 100本でも200本でも、治療料金は、変わりません。

こんな破天荒な治療なので「普通に赤字」になってます。

身体への負担も大きいでしょうね。

治すことに妥協せずに貫いているのは、患者さんに良くなってほしいと強く思っているからです。

  17162965398_e35eb34f13_z  

たかが「肩こり」、されど「肩こり」

例えば、「肩こり」・・・・・・

「肩こり」のひどい患者さんが訪れ治療をしたときに・・・

「こんな治療(長時間で丁寧な)をされたのは、はじめてです。」と言われて 自分は何を治療したのか・・・とあらためて考えました。

「肩こり」の部分を「糖尿病」「癌」「白内障」「脳性麻痺」・・・などどの言葉に入れ替えても

私は、同じように考えてしまいます。それは・・

 

お金儲けするために・・?

「肩こり」なら

コリのある部分だけに鍼を刺しても良いですよね。

まあ、その方がいいでしょう。その方が、患者さんも「あー、「肩こり」の治療だから、肩に刺してるんだ」と納得してもらえます。「肩こり」なんだから、肩だけに集中すればいい。それが、「ダイレクトに商売」につながります。

でも、

もし、「肩こり」を根本的に治療するとしたら、そして、「肩こり」を起こしにくい「身体」に修復するとしたら、「身体」全体を見る必要があります。

加えて、時間も相当かかるし、技術的にも高度になります。

商売人なら、どんな治療でも「その問題の部分だけに集中しろ」と言うでしょう?。

「肩こり」なら「肩こり」に集中!という具合に。

それは、単純に治療することで、患者の回転を上げ、針代を浮かせて、利益を得て儲かるということにつながります。

もちろん、治療内容も患者さんに理解されやすい。お金儲けは、「世の中の常識」ですよね。

でも、「お金儲け」・・得意ではないんですよ。

 

職人としての判断「症状の再発を無くすために」

しかし私なら、基本的に体全体の治療をしたくなります。局所の治療だけでは、再発する可能性が高いからです。

ベストを尽くして、それを積み重ねて、最後に完璧を目指す。そうなると、じっくりとその患者さんの病気に向かい合うしかありません。 しかし、それは、危ない橋を渡ることになります。

なぜ、体全体の治療にこだわるのか?なぜ、危ない橋をわたるのか?

それは、治療者、職人として、「あなたの体には何が必要なのか?」を判断したからです。

あなたの体を「肩こり」を起こしにくい体にしたいから。まだまだ、生活を楽しんで欲しいから。ずっと、ずっと「元気」でいて欲しいから。

おそらく、治療時間と回数は長くかかります。

でも、患者から得る利益の採算や時間的な効率、一人の患者に対する予算には、目をつむること。無視すること。それ相応の治療費をもらおうなどとは考えない。ここが、「1番大切」なこと。

「安く治療してくれ」という要望に応えた訳じゃありません。

安く治療してくれるところは、巷にあふれています。そうでしょう?わざわざ、「小さな鍼灸治療院」に来る必要はありません。

でも、あえて、本院を選んでくれた「気持ち」に対してこそできる「治療」があります。

 

■予約について

■料金について

■フェイシャル鍼灸について

■アクセスについて

  16859686419_7bd82962c3_z  

◆ 院長   平田 祥

北九州市出身

・福岡教育大学卒業 <地学科 天体物理学>

・私立高校講師 物理 生物

・福岡県福津市内 公立中学校 理科講師

・鹿児島県 理科 教員採用試験に合格

・鹿児島県 正規 教員<教育公務員>

生徒指導主任、理科主任、道徳主任などを歴任

教育論文など発表 特選など受賞

退職

現在 鍼灸師

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I footnotes