治療情報  【逆子の鍼灸治療】はりとお灸/逆子治療/お腹の張り/安産の灸 福岡県

料金について  福岡県福津市若木台5-3-12 TEL:0940-43-0727

不妊治療

■ 原文リンク

Document Moved
送信者 逆子の治療 2010/10/29

 

■ 要点【逆子の鍼灸治療】はりとお灸/逆子治療/お腹の張り/安産の灸

治療方法  ランダムに選出した逆子の130の対象を、BL67(至陰穴)に艾(オオヨモギ モグサ)で7日間刺激、逆子のままであれば、7日間の追加処置を加えた。対照群としてランダムに選出した逆子ではない130の個体対象は、通常のケアのみで逆子に対する処置は行わなかった。2週間の処置後も逆子のままである対象は、妊娠35週目から分娩までの間、いつでも頭位外回転術を受けることができるようにした。

■結果

1週間、毎日1時間、胎児の動作回数を母親が数えたもの。 35週目から分娩までの間、頭位になった数を分析した。

結果

●鍼灸治療を処置した母胎では平均48.45回の胎動を、しない場合では35.35回の胎動を経験した(P<.001; 95% confidence interval [CI] for difference, 10.56-15.60)。

●頭位になったのは、妊娠35週目の間、鍼灸治療した母胎のうち130胎児のうち98例(75.4%)。鍼灸治療しない群は、130胎児のうち62例(47.7%)が頭位となった(P<.001; relative risk [RR], 1.58; 95% CI, 1.29-1.94)。

●鍼灸治療をしない24例と鍼灸治療をした1例が、頭位外回転術を受けたが、鍼灸治療をしない130胎児では81例(62.3%)が出生時に頭位であり、鍼灸治療をした母胎の逆子130胎児では
98例(75.4%)
が出生時に頭位であった。

■結論

逆子を伴う妊娠33週目の初妊婦において、1~2週間の灸治療が、治療期の胎動を活発にし、治療期と分娩時における頭位を増加させた。

■当院のようす

治療を開始する時期によって変化しています。経験によると、30週まで、
85%前後、
32週まで
77%、
34週まで
65% 
36週
50%程度
です。これ以降過ぎると急激に確率が下がり50%を切るようになっています。

当院での逆子の治療の様子<当院YouTube>

逆子の治療 逆子のお灸|福岡県福津市若木台.avi

まとめ

・早期に鍼灸治療を開始されることが、成功の鍵のようです。

・母胎と赤ちゃんの安定をキープするために、逆子の治療と同時に安産の治療を平行して行う方も多くいらっしゃいます。

・自宅でのお灸の方法なども指導しています。(可能であれば、旦那さんともご来院ください。)

I
タイトルとURLをコピーしました