脊柱管狭窄症の脚のしびれを治したい

料金について  福岡県福津市若木台5-3-12 TEL:0940-43-0727

腰痛治療 ぎっくり腰の治療|福岡県福津古賀宗像北九州市脊柱管狭窄症
腰痛治療 ぎっくり腰の治療|福岡県福津古賀宗像北九州市

 

当院の治療のポイントは・・・

■画像診断で脊柱管狭窄症なのか?
  それは、手術適応なのか?

 ・手術適応な場合
  手術適応ならば、手術を前向きに検討するが、脊柱管狭窄症になっている部分の筋肉が固くなり神経を圧迫している ▲補足1)筋肉が固くなることは、同時に毛細血管も圧迫して血流障害を起こしています。可能性もあるのでその部分の鍼灸治療をして、それでも、しびれ▲補足2)正座をするとよく「足の裏の感覚がない」状態になります、この状態が、神経が感覚を伝えられなくなった状態です。神経の圧迫と同時に血流障害になっています。、痛みがあれば、手術を前向きに検討する。

 ・手術適応でない場合
  主治医が手術に対して前向きになれない理由を確認する。
  手術しても症状が取れない可能性があると言われた場合、それは、筋肉の硬さに原因があるのでは?と主治医に確認する。
  その可能性のほうが強いのであれば、鍼灸治療をしてみる。

■実際の鍼灸治療

 ・鍼が骨まで到達するように置く。
 ・鍼数は、200本程度。2回にわけるであれば、1回あたり100本、5回であれば、40本。

脊柱管狭窄症の手術以降も 足の痺れと痛みが続いていいる症例

References
▲戻る1 筋肉が固くなることは、同時に毛細血管も圧迫して血流障害を起こしています。
▲戻る2 正座をするとよく「足の裏の感覚がない」状態になります、この状態が、神経が感覚を伝えられなくなった状態です。神経の圧迫と同時に血流障害になっています。
I
タイトルとURLをコピーしました