【精神の病・家族としてできること】福岡県福津市宗像市古賀

料金について  福岡県福津市若木台5-3-12 TEL:0940-43-0727

うつ病

【精神の病・家族としてできること】

お互いにコミュニケーションが取れるうちにきちんと話すこと

先週、認知症になったご家族の相談を受けました。

お薬?・・役に立たないです。

自分が認知症、精神の病になった時には、最初が大切です。

いろいろな事がわからなくなると、どんな生活が本人の希望なのかわからなくなるからです。

立ちゆかなくなったときに、どんな生活をするのか

家族と一緒に考えることが大切なのです。

これは、とても難しい問題です。

まだ、【回復】できると感じているときに

最悪なケースの話をするからです。

精神の病のある北九州の方は、少し遠いですが、僕の所に来ることが

1週間の予定になっています。

病状の進み方については、比較できませんが、

本人もご家族も表情は、とても良いです。

【クリアーボディ鍼灸治療院さん】
本人のがどんな人生を望んでいるのか、
耳を傾ける必要があります。

【精神の病・家族としてできること】福岡県福津市宗像市古賀

<宇多田ヒカルさんの発言でメディアが考えるべき「精神の病」の問題>より

「彼女はとても長い間、精神の病に苦しめられていました。その性質上、本人の意志で治療を受けることは非常に難しく、家族としてどうしたらいいのか、何が彼女のために一番良いのか、ずっと悩んでいました。

幼い頃から、母の病気が進行していくのを見ていました。症状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一方で、現実と妄想の区別が曖昧になり、彼女は自身の感情や行動のコントロールを失っていきました。私はただ翻弄されるばかりで、何も出来ませんでした。」

http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20130831-00027729/
I
タイトルとURLをコピーしました