肘部管症候群の「手術後のリハビリと治療」の問題点

■この記事を「読んだ人の80%以上」が次の「タグ」をクリックしています。
うでのしびれ
首・肩・腕の症状

■予約について

■料金について

■フェイシャル鍼灸について

■アクセスについて


肘部管症候群手術後の「残念」な問題 4つ

手術をするということは、相当な決心が必要でしょう?

しかし、その手術で、痛みやしびれがなくなることのみならず、かえって酷くなるとしたら最悪ですよね。
しかし、後遺症が残った場合でも、「決心」をすれば、効果を上げた方法をご紹介します。

他にもよくある4つの残念な問題点は次のとおりです。
1 しびれが残る。
2 痛みが残る。
3 腕が伸ばせない(可動域が狭くなる)
4 指先が冷える。

重大な決心をして手術をしたつもりでも、このような症状が残れば、ショックです。

 

共通する「原因」は何か?

肩こりは、誰でも経験がありますよね。
原因は?と聞かれたら・・それは、「コリ」ですよね。
ならば、「コリ」ってなんでしょう?
それは、「筋肉の硬さ」を示します。
「コリ」・・つまり、筋肉が硬くなることで、「可動域が狭くなり、痛み、しびれ」が起きています。
これこそ、共通する「原因」です。

◆ポイント
手術は、肘について行われて、「筋肉の硬さ」は、手術では、改善しない。

 

患者Aさん
せっかく手術をしたのに腕が伸ばせなくなりました。大好きなソフトボールができません。
 
 
クリアーボディ鍼灸治療院さん
手術は、神経のしびれや痛みを改善するもので、筋肉の硬さまでは取れません。鍼を置けば柔らかくなります。
 

 

手術に失望した人が、「鍼を骨まで」刺してみた

この患者さんは、重大な決心をしたにもかかわらず、更に肘が伸ばせなくなりました。 ▲補足1)肘の治療をするために手術を選択することは、とても大切なことだと思います。しかし、手術をする前にできることはないのでしょうか?手術をするのか?、しないのか?治療の分岐点を明確にすることがとても、大切だと思います。この患者さんも、鍼数は多くなりましたが、可動域が広がったことで、「手術をする前にこの治療をしておけば良かった」と言われました。

◆最初、治療後での比較

◆治療前

◆治療後
改善!

◆鍼を鬼盛

 
今回は、【肘部管症候群の「手術後のリハビリと治療」の問題点】と解決方法を紹介しました。
筋肉の硬さを改善するためには、鍼を置くことが必要です。
筋肉が柔らかくなれば、「痛み、しびれ、可動域、冷え」が改善できます。

患者Aさん
大変な治療と最初思いましたが、大丈夫でした。これで、ソフトボール復帰のメドが立ちました。ありがとうございます。

●肘部管症候群とはどんな病気か

小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指の筋肉を支配している尺骨(しゃっこつ)神経が、肘の内側の肘部管というトンネルで圧迫や引き延ばしを受けて発生する神経麻痺です。

●原因は何か

肘の内側の上腕骨内上顆(じょうわんこつないじょうか)というくるぶしの後ろに、骨と靭帯(じんたい)で形成された肘部管というトンネルがあります。ここを尺骨神経が通ります。トンネル内は狭くゆとりがないため、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わると、容易に神経麻痺が発生します。

圧迫の原因には、トンネルを構成する骨が隆起した骨棘(こつきょく)や、靭帯の肥厚、トンネル内外にできたガングリオン嚢腫(のうしゅ)などがあります。神経引き延ばしの原因には、小児期の骨折によって生じた外反肘(がいはんちゅう)(肘を伸展させると過剰に外側に反る変形)などがあります。

●症状の現れ方

麻痺の進行により症状が異なります。初期は小指と薬指の小指側に
しびれ感
が生じます。麻痺が進行するにつれて手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指がまっすぐに伸びない鉤爪(かぎづめ)変型(あるいは鷲手変形)が起こります。筋力が低下すると、指を開いたり閉じたりする運動ができなくなります。握力も低下します。
要するに肘での神経の圧迫で、しびれや痛みが出ます。ですから、前腕、上腕の筋肉を緩めることが治療になるのです。

fg

   [ + ]

1. 肘の治療をするために手術を選択することは、とても大切なことだと思います。しかし、手術をする前にできることはないのでしょうか?手術をするのか?、しないのか?治療の分岐点を明確にすることがとても、大切だと思います。この患者さんも、鍼数は多くなりましたが、可動域が広がったことで、「手術をする前にこの治療をしておけば良かった」と言われました。
   

◆治療にこだわりすぎると言われる院長の紹介◆

 

「つらい症状」と「鍼の違和感や痛み」を天秤にかけた時に

患者さんの鍼に対する「違和感や痛み」が出ないように、希望に沿うように第一に治療します。

「つらい症状」が取れるなら、「鍼の痛みや違和感」が出ても、鍼数や鍼の深さを深くして一刻も早く、患者さんの症状を取る方を優先します。

一見過激な治療のよう見えると思います。

しかし、一刻も早く、「痛みや違和感」を取り除くためには避けては通れません。

 

治るなら赤字でも

1回10本程度置く鍼灸治療院があるとします。

私は、1回に100本を置くことも普通にあります。 これは、1回に10本置く治療院の10回分です。

1週間に1回治療したとして、10週間分、2ヶ月半分の治療に相当。 100本でも200本でも、治療料金は、変わりません。

こんな破天荒な治療なので「普通に赤字」になってます。

身体への負担も大きいでしょうね。

患者さんに良くなってほしいと強く思っているから、「治すこと」に妥協していないのです。

  17162965398_e35eb34f13_z  

たかが「肩こり」、されど「肩こり」

例えば、「肩こり」・・・・・・

「肩こり」のひどい患者さんが訪れ治療をしたときに・・・

「こんな治療(長時間で丁寧な)をされたのは、初めてです。」と言われて 自分は何を治療したのか・・・とあらためて考えました。

「肩こり」の部分を「糖尿病」「癌」「白内障」「脳性麻痺」・・・などどの言葉に入れ替えても

私は、同じように考えてしまいます。それは・・

 

お金儲けするために・・?

「肩こり」なら

コリのある部分だけに鍼を刺しても良いですよね。

まあ、その方がいいでしょう。その方が、患者さんも「あー、「肩こり」の治療だから、肩に刺してるんだ」と納得してもらえます。「肩こり」なんだから、肩だけに集中すればいい。それが、「ダイレクトに商売」につながります。

でも、

もし、「肩こり」を根本的に治療するとしたら、そして、「肩こり」を起こしにくい「身体」に修復するとしたら、「身体」全体を見る必要があります。

加えて、時間も相当かかるし、技術的にも高度になります。

商売人なら、どんな治療でも「その問題の部分だけに集中しろ」と言うでしょう?。

「肩こり」なら「肩こり」に集中!という具合に。

それは、「単純に治療」することで、患者の回転を上げ、針代を浮かせて、「利益を得て儲かる」ということにつながります。

もちろん、治療内容も患者さんに理解されやすい。「お金儲け」は、「世の中の常識」ですよね。

でも、「お金儲け」・・得意ではないんですよ。

 

職人としての判断「症状の再発を無くすために」

しかし私なら、基本的に「体全体の治療」をしたくなります。「局所の治療」だけでは、再発する可能性が高いからです。

ベストを尽くして、それを積み重ねて、最後に完璧を目指す。そうなると、じっくりとその患者さんの病気に向かい合うしかありません。 しかし、それは、「危ない橋」を渡ることになります。

なぜ、「体全体の治療」にこだわるのか?なぜ、「危ない橋」をわたるのか?

それは、治療者、職人として、「あなたの体には何が必要なのか?」を判断したからです。

あなたの体を「肩こり」を起こしにくい体にしたいから。まだまだ、生活を楽しんで欲しいから。ずっと、ずっと「元気」でいて欲しいから。

おそらく、治療時間と回数は長くかかります。

でも、患者から得る利益の採算や時間的な効率、一人の患者に対する予算には、目をつむること。無視すること。それ相応の治療費をもらおうなどとは考えない。ここが、「1番大切」なこと。

「安く治療してくれ」という要望に応えた訳じゃありません。

「安く治療してくれるところ」は、巷にあふれています。そうでしょう?わざわざ、「小さな鍼灸治療院」に来る必要はありません。

しかし、あえて、本院を選んでくれた「気持ち」に対してこそできる「治療」がココには、あります。

 

■予約について

■料金について

■フェイシャル鍼灸について

■アクセスについて

  16859686419_7bd82962c3_z  

◆ 院長   平田 祥

北九州市出身

・福岡教育大学卒業 <地学科 天体物理学>

・私立高校講師 物理 生物

・福岡県福津市内 公立中学校 理科講師

・鹿児島県 理科 教員採用試験に合格

・鹿児島県 正規 教員<教育公務員>

生徒指導主任、理科主任、道徳主任などを歴任

教育論文など発表 特選など受賞

退職

現在 鍼灸師

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I footnotes