肘部管症候群の手術後のリハビリと治療 |福岡県福津市在住

■あなたの症状に関連する内容です。治療方法を選ぶ時に役立ちます。クリックしてください。
うでのしびれ
首・肩・腕の症状

予約について

料金について

フェイシャル鍼灸について

アクセスについて


肘部管症候群手術後

肘部管症候群は、肘の部分の障害で指先などがしびれる症状です。この症状をとるために手術をしましたが、効果がなく、

更に肘が伸ばせなくなりました。 ▲補足1)肘の治療をするために手術を選択することは、とても大切なことだと思います。しかし、手術をする前にできることはないのでしょうか?手術をするのか?、しないのか?治療の分岐点を明確にすることがとても、大切だと思います。この患者さんも、鍼数は多くなりましたが、可動域が広がったことで、「手術をする前にこの治療をしておけば良かった」と言われました。

●肘部管症候群とはどんな病気か

小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指の筋肉を支配している尺骨(しゃっこつ)神経が、肘の内側の肘部管というトンネルで圧迫や引き延ばしを受けて発生する神経麻痺です。

●原因は何か

肘の内側の上腕骨内上顆(じょうわんこつないじょうか)というくるぶしの後ろに、骨と靭帯(じんたい)で形成された肘部管というトンネルがあります。ここを尺骨神経が通ります。トンネル内は狭くゆとりがないため、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わると、容易に神経麻痺が発生します。

圧迫の原因には、トンネルを構成する骨が隆起した骨棘(こつきょく)や、靭帯の肥厚、トンネル内外にできたガングリオン嚢腫(のうしゅ)などがあります。神経引き延ばしの原因には、小児期の骨折によって生じた外反肘(がいはんちゅう)(肘を伸展させると過剰に外側に反る変形)などがあります。

●症状の現れ方

麻痺の進行により症状が異なります。初期は小指と薬指の小指側に
しびれ感
が生じます。麻痺が進行するにつれて手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指がまっすぐに伸びない鉤爪(かぎづめ)変型(あるいは鷲手変形)が起こります。筋力が低下すると、指を開いたり閉じたりする運動ができなくなります。握力も低下します。
要するに肘での神経の圧迫で、しびれや痛みが出ます。ですから、前腕、上腕の筋肉を緩めることが治療になるのです。

fg

   [ + ]

1. 肘の治療をするために手術を選択することは、とても大切なことだと思います。しかし、手術をする前にできることはないのでしょうか?手術をするのか?、しないのか?治療の分岐点を明確にすることがとても、大切だと思います。この患者さんも、鍼数は多くなりましたが、可動域が広がったことで、「手術をする前にこの治療をしておけば良かった」と言われました。
   

◆治療にこだわりすぎると言われる院長の紹介◆

  ひどい痛みの治療クリアーボディ鍼灸治療院|福岡県福津古賀宗像北九州市 ひどい痛みの治療クリアーボディ鍼灸治療院|福岡県福津古賀宗像北九州市   私の症例 本気で治療したい方のみ御覧ください。 豊富な症例(パソコンでどうぞ)     ひどい痛みの治療クリアーボディ鍼灸治療院|福岡県福津古賀宗像北九州市    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I footnotes