依頼主について

後悔しない治療をする

 

依頼主は、60歳代、福岡県津屋崎町在住。 「人生何があるかわからない」から、「後悔」は嫌だと話します。

 

「私は、うつ病なんです!」と言いたい

 宗像市在住 女性 30歳前半

「私、うつ、うつ病なんです!」 と、6か月前の「依頼主」は、私に言いました。

 

「小顔になりたいんです。」という依頼主

小顔になれません。と返事

肩こり」、「腰痛」は、「ありふれた症状」です。 ですから、その治療できる場所は、「たくさん」あります。

背中の「コリ」の痛みで息苦しくなりはじめ、最近では、その息苦しさで眠れないという依頼主。

寒暖の激しいこの頃。 朝は、寒くても、昼は暑い。 こういう時期に、「自律神経失調症」になる依頼主、多くいます。

 

ぎっくり腰」のように凝り固まったモノを緩めるときに必要な技術は?

無理矢理はダメ。相手にゆだねる

ようやく春になり、新緑の季節、5月ですが、 先週から天候が不順で気温が「寒暖の差」が激しい日が続いています。 この時期に、「腰」の痛みが強くなり困る依頼主がいます。

ある依頼主の病状が、「認知症」だったので、それについて調べてみました。   その中で「前立腺がん」の論文があって、

季節の変わり目で、必ず「ぎっくり腰」になるという依頼主。 その3回目の治療。

十数年にわたる「双極性障害」の依頼主、「欝(うつ)」と「躁」の状態を繰り返しています。 1年前の今頃は、「欝」の状態が100日続いていました。

体起こすたびに背中が、ピキンってなる症状はないですか? 立ちっぱなしの仕事、座ってパソコンなどのお仕事でも背中が固まってくるとなりやすいです。 原因不明の胃の痛み、胃痙攣なども、胃とその背中の部分が痛みます。 治療方法は、次の通りです。

メイクする度、目につく開いた「毛穴」。 下地やファンデーションを工夫しても目立つことが多いのではないでしょうか?

10月の終わり、季節の変わり目、 空気が乾燥しだすころ、 咳が酷くて困っているという依頼主(福岡県福津市在住 40歳 男性)。 同時に首、肩こりもひどいということでした。 2年位前より、肩甲骨を回したり、 動かすとゴリゴリ鳴るようになりました。

ぎっくり腰」、つらいですよね。 しかし、腰の痛み以外にどんな症状が出ているのか気が付いていますか?

胃が重いとやる気がでません

まず、食べる楽しみがなくなりますね。 それに、元気もでません。 今回は、胃の不調の治療です。

I footnotes