依頼主 地元プロラグビー選手 ラグビーを長年していて、身体を壊したのをきっかけに、鍼灸治療でメンテナンスを行うようになります。 その時の会話です。

「岡山理大のグループがうつ病に関与する物質を特定した」という記事があります。 これは、「お薬を飲んだら治ります。」ということにつながりますよね。

皆さんも「骨盤矯正」、聞いたことがあるでしょう? 今回は、「自分の身体をケア」する時に、「大切なこと」をお伝えします。

肩こり」、「腰痛」は、「ありふれた症状」ですよね。 ですから、その治療方法は、「たくさん」あります。

その「たくさん」から、この治療院を選ぶことは、

ツボ(経穴)を使った治療は、「科学的」な治療方法ではありません。 とすれば、「非科学的」な治療ということになりますよね。

とても難しい話です。 その依頼主は、「胃がん」の手術を緊急にしました。 それから1年が経過しようとしています。 「抗がん剤」の治療は、現在3クール目です。 2クール目の時に、「足にしびれ」、「足のむくみ」が出たので、私の所に来ました。 幸い、症状は改善し、「しびれ、むくみ」もなくなりました。   しかし、一つ問題。

一生を費やして興味の尽きない「何か」に出会えることは、

「お金」で「身体」は拘束されても、 「心」は拘束されない。

身体がほてるようであれば、東洋医学的には、熱証と言われます。 ざっくり分類します。 ・表面が熱くて身体の芯は、冷えている場合。 ・表面は冷えて、芯が熱い場合

それぞれ鍼灸治療の方法が違って来ます。

東洋医学の特徴として「氣」をコントロールすることに特徴があります。 鍼灸師は「国家資格」です。 その教科書には次のように「氣」について説明されています。

1 最低200本の鍼数 2 骨まで鍼を置く

えーとぼやきを一つ。 ご紹介ということで、電話があります。

この記事では、「米国の大学病院では大半が鍼灸クリニックを開設」とあります。

今日の新患さんも、2時間、お話しただけで、打たず。orz 当然、料金はもらわず(^^♪ ・・続きをよむmo

とある、私の患者さんです。 行きつけの「整骨院」、その患者さんには、あります。(^^)

一応、どんな方法がトリックとなっていると主張されているのか、確認は必要だと思います。鍼灸治療がランク内に入ってないのは、あまりにもオカルト・ホラーレベルが高すぎるためだと個人的には思います(^^)

永遠に残る「モノ」を考える時は、自分が儚い存在と意識する時かも知れません。

桃太郎を読んだ。 「ボクのお父さんは、桃太郎というやつに殺されました」というコピーが、頭から離れない。 とりあえず、コーヒーを飲みにいった。

そのポイントなのか?全体なのか?

今週は、急に冷え込んだためなのか、腰痛の患者さんが多く来ました。

効果はあります。

人間の身体は、不思議です。鍼を刺さないで経絡上を刺激すると反応することがあります。

経営なんて・・

この手の本を読むといかに、自分の鍼灸治療院が蚊帳の外にいるのかがよくわかる。(−_−;)

実際に鍼灸治療を許していただけるのは、約半数の方です。

「君の膵臓をたべたい」という本を読んでみました。 内容は、高校生の恋愛小説?

元気で。 達者で。 では、また。

その人その人の【分岐点】を大切にしていきたい。

毒されてました。 先入観と偏見ですね。

本当はうらやましい(^^)

地域で無料で配られる情報誌でムナフと言うのがあります。鍼灸整骨院の紹介のページがあって、よーく見ると、モザイクがかかってあります。ナゼかわかりますか?

西洋医学から見れば、鍼灸治療は、魔法のような、ニセ医学の一つでしょう。

I footnotes