肩甲骨が、本当にズレるのか?

本当に目で確認できるくらいにズレているのであれば、手術が必要だと思います。

2ヵ月前より足がしびれいます。いつも通っている整体でツボを使った治療をしていました。しかし、昨日の腰の治療のあと、腰に違和感を感じてしました。

肩甲骨のこり、違和感、背中の痛み、プロのラグビー選手にもあります。 この選手の場合、肩甲骨や肩、背筋を使いすぎることによって起きました。

肩甲骨と背骨の間のコリや違和感の治療です。 指先の感覚を頼りに肋骨に鍼をあてます。

こんな、キーワードで検索してた方がいました。 おそらく、リンパマッサージをした後に、手か足がしびれたのだと思います。

「首が回らない」という言葉のように、日々の生活での心配事やストレスで首、肩、頭の部分が過度に緊張して首の血行が悪くなることが、首コリにつながります。

脳梗塞と腎臓がんの患者(福岡県福津市在住)さん右半身に麻痺が残っていて、右足だけが非常に冷えている。 鍼灸治療後右も左と同じく暖かくなった。 僕の手が冷たく感じるほど暖かい。 鍼灸治療の不思議な力。

ひどい腰痛があり、腰を曲げることができません。(福岡県北九州市在住)

臀部、大腿、ふくらはぎなど足にしびれが出ることもあります。

ハムストリング、終わってませんか?

触ってアキレス腱のような硬さがあれば、終わってます。

最初に・・

頸椎ヘルニアと診断されたら、手術適応なのか、そうでないのかしっかりと、主治医の先生と相談します。これは、後になって手術をした場合、めまいや手のしびれが残ってしまうからです。

治療費より交通費のほうが・・・でも・・

秋田県より、プロアスリートの方が今回も来院。

仕事に行きたいけれど・・・

ぎっくり腰になりました。 座っているのは、まだ、大丈夫そう。 でも、立ったり座ったりすることがつらい。

正座をしていると足がしびれますか?

まず、「しびれ(←クリック)」ってわかりますか?わからない方は、勉強する必要があります。

正座をして、しびれるのであれば、正常です。安心してください。(^^♪ 正座していないのに足がしびれることが、問題なのです。注意も必要です。神経痛の可能性があるからです。 神経痛?・・・どこかで神経を圧迫していて起こる、しびれや痛み、だるさです。 本当に困ります、足のしびれ。

患者 50代 福岡県福津市在住

重いものを持ち上げて、激痛が走り
そのまま腕が上がらなくなりました。
最初は、痛みで箸をもつこともできませんでした。 .. ..

腕の麻痺症状とは?

それは、しびれでしょうか? それは、痛みでしょうか? それは、腕の感覚が他とは違う、感覚が鈍くなるということでしょうか? それは、腕自体が、動かなくなっているということでしょうか? それは、手術後に発生したものでしょうか? それは、手術前からあったものでしょうか?

 

当院の治療のポイントは・・・

■画像診断で脊柱管狭窄症なのか?   それは、手術適応なのか?

かかとにしびれがあります。

夜、しびれがつらくて、つらくて、眠ることができません。

明け方には、痛みに変わってさらにつらい症状です。

 

本気の腰痛の治療こんな治療、本当に

治したいなら、

当たり前のように

してます。ー 場所: クリアーボディ鍼灸治療院

しびれの治療は、時間との勝負

 

胸郭出口症候群説明

胸郭出口症候群説明

痺れ(しびれ)の改善の治療は、時間との勝負なことが多いです。長く手や足が痺れて(しびれて)いる場合、重点的に治療するべきです。それは、時間が経過すればするほど、治りにくくなるからです。

「先生、足の痺れを治すツボを教えて下さい。」 ((ツボは、経穴(けいけつ)と言われます。ツボを結んだものが経絡と言われるものです。この経絡を使った治療の代表的なものが、逆子のお灸治療になります。

その時だけは、気持ちいいけど・・・ 笑

例えば、マッサージが筋肉を柔らかくするものだとして・・

本当にそうなら、スーパーで買ってきた、安くて硬いステーキ。

まな板でマッサージします? 笑

頚椎ヘルニアと診断されて、しびれ(痺れ)があれば、

手術を視野に入れる必要があります。

もし、主治医が手術を勧めなければ、

まず、どの指や手のひらの部分、

腕の部分、肩の部分が違和感や、しびれ、痛みが出ているかを確認して知ることがとても大切です。

身体にストレスが加わると、

自律神経が乱れて、血流不足が起きます。

 

血流不足と筋肉

血流不足というのは、例えば、毛細血管が細くなり

■性別 男性

■年齢 60歳代前半

■症状<傷害部位は左図の赤い部分>

 

・顔を上に向けると激痛が走る。(頚椎の変形)

・顔を左右に向けると激痛が走る。特に左を向く時は酷い。(むち打ち・頚腕症

・背骨の変形(側弯症・側わん症)

交通事故に数回遭っていて、今度、交通事故に遭えば、命に関わる可能性があると主治医に言われているようです。

I footnotes