肩こり ひどい 首コリの症状

肩こりに効く 肩こり ツボ 肩こり 解消 ◆ポイント 肩こりのツボで治すこともできます。 しかし、硬い場所は人それぞれ違うので、 ココは、腕の見せ所

◆肩こりの治療 依頼主(福岡県福津市在住 40歳前半) 「とても楽になって気持ちいい。」

 

いい加減に治って欲しいと思ってます。

治らない理由は?

 

  1年位前に「五十肩」と診断されて、「リハビリ」で痛みが取れずに、整体、カイロに週1回ペースで通っているという依頼主。

 

咳がでると肩甲骨が痛い・・その原因は?

「咳」が出るようになって、「首」と「肩甲骨」が痛いです。という依頼主。

体起こすたびに背中が、ピキンってなる症状はないですか? 立ちっぱなしの仕事、座ってパソコンなどのお仕事でも背中が固まってくるとなりやすいです。 原因不明の胃の痛み、胃痙攣なども、胃とその背中の部分が痛みます。 治療方法は、次の通りです。

依頼主 地元プロラグビー選手 ラグビーを長年していて、身体を壊したのをきっかけに、鍼灸治療でメンテナンスを行うようになります。 その時の会話です。

10月の終わり、季節の変わり目、空気が乾燥しだすころ、咳が酷くて困っているという依頼主(福岡県福津市在住 40歳 男性)。 同時に首、肩こりもひどいということでした。 2年位前より、肩甲骨を回したり、動かすとゴリゴリ鳴るようになりました。

胃が重いとやる気がでません

まず、食べる楽しみがなくなりますね。 それに、元気もでません。 今回は、胃の不調の治療です。

肩甲骨が、本当にズレるのか?

本当に目で確認できるくらいにズレているのであれば、手術が必要だと思います。

ある午前に治療の依頼。 たまたま、午後にキャンセルが出ていて、たまっていた鍼灸治療の論文に目を通そうと思っていた日でした。

すると、切羽詰まった様子での電話。

依頼主は、トラックの運転手、60歳台、男性 福岡県宗像市在住。 いつもの様に治療について説明をしました。

「手がしびれて不眠」であるという依頼主(福岡県北九州市在住 男性)が、「最初2か月ほどは、マッサージで「しびれ」が改善していたが今は、全く効果がない」と訴えます。  マッサージしている人から、「”どうして、「しびれ」るのか” を尋ねましたか?」と問うと、「特に説明はありませんでした。」と。

マッサージする人は、仕事なのでしょうが、私としては、やりきれなくなります。説明は、きちんとしてもらいましょう。

キーワードは、「筋肉

寝るときに手にしびれがあれば、熟睡できずに困りますよね。

肘部管症候群手術後の「残念」な問題 4つ

それは、当院に依頼のあるよくある治療内容です。

 

手術をするということは、相当な決心が必要でしょう?

しかし、その手術で、痛みやしびれがなくなることのみならず、かえって酷くなるとしたら最悪です。 「後遺症」が残った場合でも、効果を上げた方法をご紹介します。

よくある4つの残念な問題点と治療内容は次のとおりです。 1 しびれが残る。 2 痛みが残る。 3 腕が伸ばせない(可動域が狭くなる) 4 指先が冷える。

 

【患者Aさん】
腕が伸ばせなくて困っています。
 

クリアーボディ鍼灸治療院さん
重大な決心をして手術をしたつもりでも、このような症状が残れば、ショックですよね。
   

 

共通する「原因」は何か?

ズバリ、筋肉の固さ・・コリ

 

肩こりは、誰でも経験がありますよね。 原因は?と聞かれたら・・それは、「コリ」ですよね。  

【患者Aさん】
「コリ」ってなんでしょう?
   
【クリアーボディ鍼灸治療院さん】
それは、「筋肉の硬さ」を示します。
  「コリ」・・つまり、筋肉が硬くなることで、「可動域が狭くなり、痛み、しびれ」が起きています。  
【クリアーボディ鍼灸治療院さん】
これこそ、共通する「原因」です。
 

手術は、肘について行われて、「筋肉の硬さ」は、手術では、改善しない。

 

 

患者Aさん
せっかく手術をしたのに腕が伸ばせなくなりました。大好きなソフトボールができません。
   
クリアーボディ鍼灸治療院さん
手術は、神経のしびれや痛みを改善するもので、筋肉の硬さまでは取れません。鍼を置けば柔らかくなります。
 

 

手術に失望した人が、「鍼を骨まで」刺してみた

この患者さんは、重大な決心をしたにもかかわらず、更に肘が伸ばせなくなりました。 ▲補足1)肘の治療をするために手術を選択することは、とても大切なことだと思います。しかし、手術をする前にできることはないのでしょうか?手術をするのか?、しないのか?治療の分岐点を明確にすることがとても、大切だと思います。この患者さんも、鍼数は多くなりましたが、可動域が広がったことで、「手術をする前にこの治療をしておけば良かった」と言われました。

◆最初、治療後での比較 ◆治療前 ◆治療後 改善! ◆鍼を鬼盛

  今回は、【肘部管症候群の「手術後のリハビリと治療」の問題点】と解決方法を紹介しました。 筋肉の硬さを改善するためには、鍼を置くことが必要です。 筋肉が柔らかくなれば、「痛み、しびれ、可動域、冷え」が改善できます。

患者Aさん
大変な治療と最初思いましたが、大丈夫でした。これで、ソフトボール復帰のメドが立ちました。ありがとうございます。

●肘部管症候群とはどんな病気か

小指と薬指の感覚と、指を伸ばしたり閉じたり開いたりする手指の筋肉を支配している尺骨(しゃっこつ)神経が、肘の内側の肘部管というトンネルで圧迫や引き延ばしを受けて発生する神経麻痺です。

●原因は何か

肘の内側の上腕骨内上顆(じょうわんこつないじょうか)というくるぶしの後ろに、骨と靭帯(じんたい)で形成された肘部管というトンネルがあります。ここを尺骨神経が通ります。トンネル内は狭くゆとりがないため、慢性的な圧迫や引き延ばしが加わると、容易に神経麻痺が発生します。

圧迫の原因には、トンネルを構成する骨が隆起した骨棘(こつきょく)や、靭帯の肥厚、トンネル内外にできたガングリオン嚢腫(のうしゅ)などがあります。神経引き延ばしの原因には、小児期の骨折によって生じた外反肘(がいはんちゅう)(肘を伸展させると過剰に外側に反る変形)などがあります。

●症状の現れ方

麻痺の進行により症状が異なります。初期は小指と薬指の小指側に しびれ感 が生じます。麻痺が進行するにつれて手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指がまっすぐに伸びない鉤爪(かぎづめ)変型(あるいは鷲手変形)が起こります。筋力が低下すると、指を開いたり閉じたりする運動ができなくなります。握力も低下します。 要するに肘での神経の圧迫で、しびれや痛みが出ます。ですから、前腕、上腕の筋肉を緩めることが治療になるのです。

fg

   [ + ]

1. 肘の治療をするために手術を選択することは、とても大切なことだと思います。しかし、手術をする前にできることはないのでしょうか?手術をするのか?、しないのか?治療の分岐点を明確にすることがとても、大切だと思います。この患者さんも、鍼数は多くなりましたが、可動域が広がったことで、「手術をする前にこの治療をしておけば良かった」と言われました。

肩甲骨と背骨の間のコリや違和感の治療です。 指先の感覚を頼りに肋骨に鍼をあてます。

今日の新患さんも、2時間、お話しただけで、打たず。orz 当然、料金はもらわず(^^♪

とある、私の患者さんです。 行きつけの「整骨院」、その患者さんには、あります。(^^)

患者 50代 福岡県福津市在住

重いものを持ち上げて、激痛が走り
そのまま腕が上がらなくなりました。
最初は、痛みで箸をもつこともできませんでした。 .. ..

五十肩の治療~痛みをとるだけですか?~

腕がしびれてねむれないという五十肩特有の悩みで来院 腕のしびれと痛みは、1回でとれて、ぐっすりと休めるようになりました。

背中の痛みと違和感の治療 首の痛みや肩コリ原因となることもあります。

その他の症状として、後頭部のもやもやと左背中の痛みなど後頭部の症状もでることもあります。

I footnotes