「その場所」が痛いから「その場所」が悪いのか?

身体は繋がっているモノ。そんなに単純ではない。

 

「鍼灸治療」は、鍼の使い方によっては、「外科的な治療」のようになります。 これは、マッサージや、整体、カイロの治療を限界を超える治療です。

年齢 70歳前半 女性 50歳より脊柱管狭窄症で主治医のすすめで「手術」をしますが、「足の痛み」と「痺れ」がとれませんでした。

70歳代の女性の依頼。 数十年前より、足に「しびれ」、「痛み」、「冷え」があって、苦しみの末、腰の手術しました。 診断名は、「脊柱管狭窄症」。 しかし、手術後も足の「しびれ」、と「痛み」、「冷え」が取れないで、杖をついて歩く状態でした。 食品販売のお店を経営されていて、自由に動けないこともストレスです。 手術に踏み切ったのも、よくよく主治医と相談の上、よい結果を半ば確約したような感じで行われました。 しかし、結果は、依頼主が期待したものではありませんでした。

手術をする意味はあるのか?

手術をする決断は、あいまいな理由でするのは間違いです。

 

当院の治療のポイントは・・・

■画像診断で脊柱管狭窄症なのか?   それは、手術適応なのか?

 

本気の腰痛の治療に必要なこと

その希望に応えるために、「大変な治療」を「当たり前」に行う。

頚椎ヘルニアと診断されて、しびれ(痺れ)があれば、

手術を視野に入れる必要があります。

もし、主治医が手術を勧めなければ、

I footnotes