肩こり首コリであるあるBEST 4

肩こり首コリは、どなたでもあります。 とてもつらいです。 特に、仕事帰りや、パソコン・スマホでの作業に集中した後、「肩・首筋がこった」「パンパンに張っている」と感じてしまいませんか? 今回は、「肩こり首コリ」が影響する症状と「自律神経」について考えながら、その改善策を紹介します。

まず、「肩こり首コリ」であるあるBEST 4です。 1 頭痛  2 吐き気 3 目の痛み 4 胸の圧迫感

首コリは、喉の筋肉に影響を与えています。

東洋医学的に、身体はひとつながりです。様々な部分に一つの動きは、関連しています。 同様に首周辺の筋肉も複雑に関連しています。主に、喉の筋肉や、顎の筋肉にも関係しています。

原因不明

  お腹が痛くて、病院に行く。整腸剤や胃薬をもらう。それを、繰り返して、お腹が痛くなる度に、整腸剤や胃薬を飲むのことは、治しているのでしょうか?

倦怠感の治療

体は、気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、体内の状態を一定に保とうとする働き(ホメオスタシス)があります。この働きを担うのが「自律神経」で、

身体にストレスが加わると、

自律神経が乱れて、血流不足が起きます。

 

血流不足と筋肉

血流不足というのは、例えば、毛細血管が細くなり

今回は、頭が重くなって、何も考えられなくなる症状についてのご紹介です。

この症状の「ベース」にあるのは? 「首・肩こり」などの「筋肉の硬さ」です。

ですから、病院で筋弛緩剤を処方されるのですが、 もともと「筋肉が硬く」なって毛細血管が閉じています。 そういう部分には、血流が悪いので、 薬が届きません。 つまり、薬の効果が低くなります。

 

患者Aさん
お薬も効かなくて困っています。
   
クリアーボディ鍼灸治療院さん
それは、「筋肉が硬い」のでしょうね。「筋肉が硬い」のは、血流が悪いことです。血流が悪ければ、お薬はとどきません。
 

 

診断はされますが・・・

緊張や、ストレスにより起こる頭痛は、 「緊張性頭痛(きんちょうせいずつう)」、「筋収縮性頭痛(きんしゅうしゅくせいずつう)」とも呼ばれ、 頭部を重く締めつけられるような持続性の鈍痛を伴う頭痛です。

 

緊張型頭痛の特徴は、・・・・

本気に治療する治療院なので・・・

整体、整骨、カイロ、リンパ、鍼灸に行ったけれどどうしても治らない!

どうしても治りたい!

痛み止めが効かない頭痛の治療 治療後4日目で、頭痛薬が必要がない程度に改善 (鍼治療前の症状を10として、2.5~4.5 5~7割り程度の改善。)

◆2008年7月29日~9月19日

氏名 匿名 住所 福岡県福津市若木台 在住 性別 女性 年齢 56歳

初診時

 去年ぐらいからのぼせがひどく、夜中に着替えが必要なくらい大量の汗が出ますが、

I footnotes