ぎっくり腰」のように凝り固まったモノを緩めるときに必要な技術は?

無理矢理はダメ。相手にゆだねる

十数年にわたる「双極性障害」の依頼主、「欝(うつ)」と「躁」の状態を繰り返しています。 1年前の今頃は、「欝」の状態が100日続いていました。

模倣学習

積み木を積み上げるのに

お母さんのフォローが必要だった。

しかし・・・・

春の日でまだ、肌寒い日の受付。 「強迫性障害」と診断をされていると。 手を握りしめ日常生活のほとんどを実母がフォローして、とても追い詰められた状態で何とかしてほしいという依頼です。 いつものように 1 鍼は骨まで 2 鬼盛りで。 3 痛みは人により、悲鳴を上げることもあります。 4 初診は如何なる理由でもキャンセルはできない。 5 迷いがあれば、やめたほうが良い ということを説明して それでも、なんとかしたいということになりました。 予約は、2週間後。

最初のうちは、周りの理解がありましたが、不幸にも薬剤治療が効果がなく、思うように家事、身の回りの仕事ができなくなり、家族、仕事の同僚がしばしば嫌味を言うようになりました。 依頼主は、そんな冷たい環境に耐えきれず、ほとんど逃げるように、実家のほうへ滞在するようになりました。

依頼主の「強迫性障害」の原因は?

思い当たる原因は、ストレス(姑問題など)

I footnotes