痛みを抑えるお薬は本当に必要?

鍼灸で抑えられるとhappyです。

  「副鼻腔炎」でのひどい「頭痛」の治療の例です。 もともと慢性の「副鼻腔炎」があり、1週間に2,3日(2日に1回)は、ひどい「頭痛」がありました。「バファリン」などの消炎鎮痛薬を飲んでいましたが、2年前くらいから効かないので、今は、「ロキソニン」を飲んでいます。

 

頭痛に効果があるとすれば・・

鍼灸治療には、消炎作用と緊張緩和作用があります。

 

 

【患者Aさん】
本日はありがとうございました。頭痛は全くなくなり、鼻も通り、スッキリしています! 肘の内側温め、今夜もやります!(^^)

 

鍼灸治療には、副作用はありません。

妊娠中や産後の授乳期などお薬に対しての意識が高い方利用されます。

 

 

I footnotes