脳梗塞」で右半身麻痺の依頼主に鍼治療を行ったら動くようになりました。 ご覧ください。

「首が回らない」という言葉のように、日々の生活での心配事やストレスで首、肩、頭の部分が過度に緊張して首の血行が悪くなることが、首コリにつながります。

そのポイントなのか?全体なのか?

今週は、急に冷え込んだためなのか、腰痛の患者さんが多く来ました。

効果はあります。

人間の身体は、不思議です。鍼を刺さないで経絡上を刺激すると反応することがあります。

この患者さんこれ以降、ぜんそくの間隔が、3分の1にくらいになり、

妊娠27週の患者さんの頭痛の治療の様子です。 頭痛の症状は、こめかみ~側頭部の痛みがあります。 原因は、

今日も大赤字!(u_u)

CT MRIにも映らない

原因不明の20年来の頭痛の治療|福岡県福津古賀北九州市 場所: クリアーボディ鍼灸治療院

赤字になっても、治療してます 笑

 

 

検査結果は?

顎関節症は、顎の痛みや違和感もさることながら

それに伴う、頭痛、吐き気、めまい、歯痛、口内の違和感、腰の痛みなど 様々な症状を引き起こしています。

西洋医学でのこの病気の根本的な治療方法は難しく 痛み止め、マウスピースなどの方法が一般的です。 …

出産後、夕方になると酷い頭痛がある患者さんの治療です。

出産後間もない頃には、自律神経が乱れていて、

副鼻腔炎でのひどい頭痛の治療の例です。 もともと慢性の副鼻腔炎があり、1週間に2,3日(2日に1回)は、ひどい頭痛がありました。バファリンなどの消炎鎮痛薬を飲んでいましたが、2年前くらいから効かなくなり、

痛み止めが効かない頭痛の治療 治療後4日目で、頭痛薬が必要がない程度に改善 (鍼治療前の症状を10として、2.5~4.5 5~7割り程度の改善。)

PMS(生理前症候群)の治療

改善した点 ・頭痛が無くなった。 ・下腹部痛がなくなった。 ・酷い生理痛が無くなって、 ・生理痛すら無い時がある。 ・吐き気は、全くない。

 

■キーワードは?

頭痛は、薬でなおるのでしょうか?p(^-^)q

頭痛と喘息の治療

咳をすることで 硬くなった肩甲骨周辺を 緩めることで 呼吸が楽になります。

頭痛は、 頭皮を緩めることです。

吐き気と頭痛に悩む10歳。ご両親も心配です。

アレルギー性鼻炎のひどい頭痛の治療

眠れないほどの三叉神経痛が改善・・・よかった!!

三叉神経痛の治療 C型肝炎、膠原病もあります。

メインは、 三叉神経痛の治療です。

 

顎関節症および三叉神経痛の患者さんの治療

開口時に、痛みが出て物が噛めない状態でしたが、

患者さんは、女性 60歳代です。 C型肝炎、倦怠感、頭痛などいろいろな症状が ある患者さんです 。 肝炎については、数値的には今のところ悪化もせず、 まあ、目立った改善もありませんが、倦怠感、頭痛などの 症状は、改善されています 。 来月には、四国の方へご旅行に行かれます。

2日前に首に痛みが出だしました。 整体、整骨院、鍼灸院、整形外科に行きましたが治りません。 整形外科では、CTを撮って異常なしです。 翌日に、MRIの予約をしています。 首の後ろに激痛が走りこれ以上右に向くことができません。 車の運転もかなり危ない状態です。

車の運転が出来ないほどの痛み 

1回で効果を出すという治療 

首コリ 寝違えの治療

注意 正確な解剖学の知識が必要です。 鍼灸の学生や浅くしか針を打てない鍼灸師の方では事故になります。

これで、症状が変化しなければ、やはり画像診断が必要になる。 

首コリ寝違えの治療

そして、2時間の治療後 

首コリ寝違えの治療

CTもMRIもレントゲンもお薬も必要が無いという診断になります。 

寝違え首コリの治療

さらに下に向いて負荷をかけても大丈夫です。 翌日のMRIの検査は、キャンセルとなりました。

画像診断・・・とても大切です。 しかし、触診するということも大切です。 画像診断、血液検査、様々な検査で原因がわからない症状。 鍼灸治療で改善できる可能性があります。 他の症例もご覧ください。

出産後、夕方になると酷い頭痛がある患者さんの治療です。他にも、生理不順、ホルモンバランスの乱れがあります。ご覧ください。

【私】:出産後に、産後のひだちが悪くて、

【私】:月に3回ほどの整理、それから、ホルモンの乱れ

【私】:それから、頭痛がある患者さんの治療の様子です。

【私】:今回で2回目になります。

【私】:前回、治療をして。頭痛のほうは、どうですか?

【私】:まだ、ありますか?

【患者様】:無いです。

【私】:終わりました?とりあえず。

【私】:夕方になれば、かなり酷いと言われていましたね。

【患者様】:はい。

【私】:大丈夫でしたかね。

【患者様】:はい。

【私】:わかりました。

【私】:生理の方は、あれから1週間たちましたけれど、

【私】:来ました?やっぱり。

【私】:まだ来ていない。

【患者様】:・・まだ来てませんね。

【私】:1週間から10日という感じですかね。

【患者様】:ですね。

【私】:来そうですか?

【患者様】:うん。まだ、だるいかな・・。

【私】:そうですか。わかりました。

夕方、起こる頭痛については、改善しました。

2週間ほど続く酷い頭痛で、仕事が手につかないので来院されました。

どのくらいのペースで通院すればいいのか。

何回通院すればいいのか。

皆さんが気になるところです。私も、自分が患者の立場だったら気になります。

基本的に、当院は、患者さんの様子を見ながらですが、 最短、最小を目指しています。

追加の料金は一切ありません。

偏頭痛の治療

治療の様子

頭痛は、片側の頭痛として現れることも少なくありません。痛みの現れる部位が左右変動する場合や、両側が痛むが左右で差がでる場合、両側が痛む場合など痛みの種類はさまざまです。 片頭痛は決まった片側のみに現れる頭痛ではなく、「偏った痛みがあらわれやすい」という特徴があります。 片頭痛の特徴は以下のとおりです。

脈に合致したズキンズキンとした痛みである。 痛みは頭の片側の時が多いが、両側の時もある。 頭痛は、数日~数週間の間隔をおいて発作性に現れる。 一回の頭痛は数時間から3日で治まる。 頭痛発作の時に、悪心(吐き気)、嘔吐などを伴うことがある。 頭痛発作の時に、強い光や大きな音、不快なにおいで頭痛が強まることがある。 明け方から目覚めの時に頭痛発作が起こることが多い。 頭痛の強い部分を手で圧迫すると、その間は痛みが和らぐ。 遅くとも30歳までに発症する。 頭痛発作の時、またはその直後に下痢や発熱などの症状があらわれることがある。 血縁者の中に似たような頭痛を訴える人がいる。

I footnotes