文面より ご無沙汰しております。その節は、大変お世話になりました。 私の妊娠がわかってから、外出などを控えながら、 大事をとっていたため、治療にも途中で行けなくなり先生にも 経過をご報告しないままで、失礼いたしました。 今回は、その時の赤ちゃんが無事に産まれた事を ご報告します。

ツボを見極めることが大切なんです。

どのようなことを行っているかというと、基本的には、足の小指にあるツボをお灸で刺激します。しかし、それは、その人その人によって違っていて、それを見極めることが大切です。

患者さん・・ 福岡県福津市在住

逆子の治療

4回で治りました(^^) ツボの特性で治療する・・・・いわゆる経絡治療です。 前回の治療・・・・

今日、赤ちゃんの心音を確認できました!

45歳 ほぼ9週目にて

体外受精

6週目、まだまだ安定はしていません。

頑張れ赤ちゃん。

この不妊治療のポイントは??

私たちの体は、

気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、

体内の状態を健康に保とうとする働き(恒常性維持機能=ホメオスタシス)があります。

旦那さんの

精子の量、活動率に

問題があるために

西洋医学的な治療をしても

妊娠できないでいましたが・・・・

このとおり!

おめでとうございます。17031743766_ae234192fe_z

副鼻腔炎でのひどい頭痛の治療の例です。 もともと慢性の副鼻腔炎があり、1週間に2,3日(2日に1回)は、ひどい頭痛がありました。バファリンなどの消炎鎮痛薬を飲んでいましたが、2年前くらいから効かなくなり、

男性の不妊治療の結果

精子数 1100万 運動率 38% 運動性 やや良い 30%

初診 10月7日

その後、妊娠464228518_f439b224bf_mへ!

 

 

 

 

 

逆子の治療 東洋医学の不思議

エコーで確認できた頃から 逆子で、何をしても戻らない。 31週で来院。 35週で元に戻りました。

PMS(生理前症候群)の治療

改善した点 ・頭痛が無くなった。 ・下腹部痛がなくなった。 ・酷い生理痛が無くなって、 ・生理痛すら無い時がある。 ・吐き気は、全くない。

 

■キーワードは?

心音確認!!

うれしい!(^o^)/~~~

しかし・・・

まだまだなのです。

西洋医学的な不妊治療で行き詰まり・・・しかし!p(^-^)q

不妊治療の症例

年齢30歳代

西洋医学的な不妊治療で行き詰まり、主治医より体外受精をすすめられていた。

冷え性簡単に治りました!

ダメだとあきらめていました・・・本人談

妊娠させてしまいました。(^O^)

体外受精を考えていた

患者さん

まだまだです。

僕のできることは全力でします!!

女性の体は繊細・・・鍼灸治療するだけで、基礎体温が変化しますもん。

6年後に東京オリンピックを控える日本。10代選手の活躍が期待されるが、・・・

【ED(勃起不全・勃起障害)の原因はなんでしょう?】 神経の問題? 腰痛? 身体の歪み? 精神的なもの? 自律神経失調症? etc・・・

3534516458_48e4e8595f_mたくさんの原因が言われますが、 これは、 わからない ということを示すのでしょう? 笑

 

 

 

 

鍼治療

丁寧に治療してみると意外と改善します。 バイアグラなど必要なくなる場合もあります。

 

ヴァイアグラが効かない?だとしたら、それは、どんな原因?

年齢 30歳半ば 2011年6月より産婦人科にて不妊治療を開始。 9月より当院にて鍼灸治療を開始。

当院で不妊治療をされ、妊娠された方の報告です。 症状 ・2010年5月に流産。以後、妊娠できない。 ・基礎体温が低く、不安定 ・排卵検査薬で陽性にならない。 ・冷え性 ・低体温気味 治療回数2回

不妊症の鍼灸治療<タイミング法や体外受精を検討している患者さん・・腹腔鏡手術 前・後の基礎体温の変化について> ・年齢 30歳代 ・不妊治療は、数年前より、鍼灸(他院)、漢方、西洋医学を試されています。最近、体外受精を含めた治療を検討中で、腹腔鏡の事前検診をされました。当院は、そのサポート­で、基礎体温の改善を治療していました。 基礎体温が、鍼灸治療により、どのように変化したのか動画をご覧ください。 その他の治療の詳細はこちら

1年前に 流産 をされ、その後、 妊娠できない。 6ヶ月前(4月)に 生理不順 となり、

産婦人科を受診。 しかし、妊娠できない ので、当院に来院されました。

■年齢 30歳前半 女性

■不妊の治療 基礎体温表をみると、 かなり不安定に変化 していることがわかります。 子宮内の様子も安定していない ことは容易に想像できます。

「コウノトリは、飛んで来るのか?」

< 鍼灸治療で、本当に改善できるのか?

僕は、日本に生まれて、ここで育って 理科の先生になって・・・・。

目に見えるモノと 計れるモノを信じていた。

目に見えるモノと 計れるモノが何かを生み出せると信じていた。

でも・・・・・。

■ 原文リンク

http://jama.ama-assn.org/cgi/content/abstract/280/18/1580

送信者 逆子の治療 2010/10/29

 

■ 要点【逆子の鍼灸治療】はりとお灸/逆子治療/お腹の張り/安産の灸

治療方法  ランダムに選出した逆子の130の対象を、BL67(至陰穴)に艾(オオヨモギ モグサ)で7日間刺激、逆子のままであれば、7日間の追加処置を加えた。対照群としてランダムに選出した逆子ではない130の個体対象は、通常のケアのみで逆子に対する処置は行わなかった。2週間の処置後も逆子のままである対象は、妊娠35週目から分娩までの間、いつでも頭位外回転術を受けることができるようにした。

■結果

1週間、毎日1時間、胎児の動作回数を母親が数えたもの。 35週目から分娩までの間、頭位になった数を分析した。

結果

I footnotes