自閉症スペクトラム障害の人は、自分に似た物語に高い理解を示す -京大など

京都大学は6月24日、福井大学、金沢大学との共同研究により、「青年期高機能自閉症スペクトラム障害(Autism Spectrum Disorder:ASD)」を持つ人に日常的なできごとが書かれてある物語文を読んでもらい

今回は、頭が重くなって、何も考えられなくなる症状についてのご紹介です。

この症状の「ベース」にあるのは? 「首・肩こり」などの「筋肉の硬さ」です。

ですから、病院で筋弛緩剤を処方されるのですが、 もともと「筋肉が硬く」なって毛細血管が閉じています。 そういう部分には、血流が悪いので、 薬が届きません。 つまり、薬の効果が低くなります。

 

患者Aさん
お薬も効かなくて困っています。
   
クリアーボディ鍼灸治療院さん
それは、「筋肉が硬い」のでしょうね。「筋肉が硬い」のは、血流が悪いことです。血流が悪ければ、お薬はとどきません。
 

 

診断はされますが・・・

緊張や、ストレスにより起こる頭痛は、 「緊張性頭痛(きんちょうせいずつう)」、「筋収縮性頭痛(きんしゅうしゅくせいずつう)」とも呼ばれ、 頭部を重く締めつけられるような持続性の鈍痛を伴う頭痛です。

 

緊張型頭痛の特徴は、・・・・

鬱病うつ病)の患者さんの治療 大学病院で、 電気ショック療法を されている。 強いお薬も。

自律神経失調症で 足先は、 氷のように 冷たい。 つまり、冷え性ですね。

それでも、足先はあたたまります。

鬱の患者さんの治療 大学病院で、

電気ショック療法を

されている。

強いお薬も。

自律神経失調で

足先は、氷のように

冷たい。

しかし、

欝の治療のポイントは?

欝の治療を開始される患者さんの為に

申し上げたこと。

新聞をみること。

テレビを見て、よくわらうこと。

日光浴をすること。

1日5人の人とお話をすること。

お薬はやめたい・・でも、大切な時もあります。

人からは、 【人からは、 【判定】【診断】【分析】 を受けて、限界を押し付けられる。 自分も、ああ自分はそこまでなんだと思う。 でも、

 

薬は健康を創るためのものではない

昨日も、ある患者さんとの話に出ました。 体が、まだ治ろうとする力は どこにあって、どんな反応をするのか。 体に鍼を置くとき、感じることが多くあります。

 

【精神の病・家族としてできること】

先週、認知症になったご家族の相談を受けました。

お薬?・・役に立たないです。

自分がそうなれば、まだ、いろいろな事がわかるうちに

立ちゆかなくなったときに、どんな生活をするのか

家族と一緒に考えることが大切だと思いました。

これは、とても難しい問題です。

 

今日嬉しかったこと。それは、 3回目のキャンセルがあったこと。 うつの患者さんの仕事がうまくいき、3回目のキャンセルが今日ありました。 とにかく、うれしいなあ。

症状   パニック(不安)症状

32歳 男性

現在の主な症状 ・体力の低下 ・パニック(不安)症状 ・動悸、息切れ、不整脈のようなもの ・うつ状態 ・手足を中心としたしびれ ・一日続く腹痛 ・副鼻腔炎

患者さんのお手紙   手足が震えだし、うつ状態もでる。

以下手紙の内容より

強いストレス(記憶)がトラウマのようになります。

■性別 男性 ■年齢 30歳代 ■症状 うつ病 主治医より診断をうける。全身の倦怠感など 特定の記憶で、倦怠感や力が抜けるような症状がある 。

思い当たる原因は、ストレス(姑問題など) ■性別 女性 既婚 ■年齢 30歳代前半 ■診断名<主治医より> 強迫性障害(1年前より) ■症状など

・西洋医学的治療 安定剤などの服用 ・思い当たる原因  ストレス(姑問題など)

・症状 強迫性障害に類する症状

I footnotes