この患者さんこれ以降、ぜんそくの間隔が、3分の1にくらいになり、

頭痛は、薬でなおるのでしょうか?p(^-^)q 頭痛と喘息の治療 咳をすることで 硬くなった肩甲骨周辺を 緩めることで 呼吸が楽になります。 頭痛は、 頭皮を緩めることです。

首コリは、喉の筋肉に影響を与えています。 東洋医学的に、身体はひとつながりです。様々な部分に一つの動きは、関連しています。 同様に首周辺の筋肉も複雑に関連しています。主に、喉の筋肉や、顎の筋肉にも関係しています。

肩こりと咳・・一見関係ないようですが、 肩こりが自律神経の不安定(自立神経失調症) によって生じているのであれば、気管支などは、 狭まったり広がったり不安定になっているはずです。     咳や喘息に効

■性別 男性 ■年齢 1歳 ■診断名<主治医より> 脳室周囲白質軟化症 ■資料 脳室周囲白質軟化症 ■本院の他の症例 脳室周囲白質軟化症の治療 患者Nさん ■ 映像の記録 このページの下部に1年半年後の様子があります。

I footnotes