治療を積み重ねることがとても大切になると思います。

一つ一つの積み重ねが、東洋医学が試す価値がある・・ということを証明されてくるのかもしれません。

教員の定数を削減するという提案がありました。   国を守る・・・いろいろな守り方があって、時の政府の考え方によりますが。 国を守る一番、費用のかからない、そして、一番強くなる方法だと思います。

今までに、5名の方をみつけたことがあります。 私の治療院は、人通りゼロの場所(笑) なので お見えになる患者さんは、ネットとご紹介の患者さんばかりです。

鍼を置くのは、少し「ダークな部分」があります。

重症な患者さんに、「明るく治療」は、できません。

真剣です。

いつも思う。 何か【悪いコト】に対して、 どのくらいそれが、【悪いコト】なのか。 【悪いコト】に対して、どのくらいの罰が与えられるのか。 【悪いコト】に対して、どんなケアがあるのか。

素朴に疑問なんです。笑 本当に、矯正ということができるのか? 何ミリ動かすと矯正になるのか? そもそも、何ミリも人間の身体を動かすことができるのか

本当に、効果があるのなら、

病気の行末

子供も、病気も、予知不可能

どこに向かっているのか。

その分岐点をどうやって見つけるのか? どんな身体の症状でもそれを、改善するために必要な治療をどのように見極めるのか。 とても、大切だと思います。

12002573_886114318144306_4285017797927766566_o 今、脊柱管狭窄症で、足が痺れと痛みがある患者さんを見ています。

最新鍼灸治療165病―現代中国臨床の指南書 張 仁 編   浅野 周 翻訳

目次(数字はページ数) 内科疾患:インフルエンザ3、急性黄疸型肝炎5、慢性ウイルス性肝炎8、急性細菌性赤痢13、細菌性食中毒17、伝染性下痢18、流行性出血熱19、ライム病23、慢性気管支炎24、

 再来院について

お久しぶりです。 ここのページを覗かれたということは、また症状が出だしたか、 いろいろな事情で前回の治療より間を空けてしまって、・・・・・

行きたいのはやまやまだけど・・・・ ちょっと、久しぶりなので気が引けて・・ 急な用事が入って、キャンセルしてしまって・・・等・・・。

ではないですか?

当院は、最新の中医学を基本とする治療を行っています。 肩こり腰痛、西洋医学では、対応の難しい病気、不妊治療(産前、産後のフォローなど)、 美容鍼(フェイシャル鍼灸 痩身など)に幅広く治療に対応できる鍼灸治療院です。

特徴

来院される患者様の特徴は次のとおりです。

・西洋医学では、治療に限界があって、で少しでも改善を希望されている方

・薬を大量に、しかも長期わたって服用し、つらい症状に改善がない方

・整形外科、整骨院、カイロ、整体などに行っても改善しない難治性の肩こり、腰痛の方

・慢性の疲労感の改善の方

・不妊治療や産前、産後のフォローを希望される方

うつ病、精神的な疲労、リストカットなどの症状とカウンセリングの併用

・ご家族でゆっくりと治療をされる方(貸し切り)

また、肩こりや腰痛から日々の体のメンテナンスまで、自在に対応できる鍼灸治療院です。

I footnotes